[ 失敗 ]

2016年03月25日07:58
原因と結果ー。
当社では結果責任を問われることはありません。最終の責任は全て責任者の私にあります。従って、「失敗の罪」を背負うことは皆無です。

しかしながら、原因を自ら創らない言動や見て見ぬふり、結果検証のみで次の一手を行っていない場合など「不作為の罪」は問います。でないと周囲に振り回される側の人間になるからです。真の自由を手に入れて欲しいと思います。

また、思考・感情・行動に一貫性があれば何も問題はありません。考え方を変えれば済みます。一貫性がない場合は、相手に対する影響力が低下します。実は全てシンプルな原理・原則です。

#リーダー育成