[ 【特集】ものづくりの挑人たち ]

2016年06月15日09:07
image


テクノサミット「ものづくりの挑人たち」は、日経CNBCやBSジャパンで放送しています。

新しいことに挑戦すること、アントレプレナーシップを発揮すること、そしてプロセスを楽しむことー。そんなメッセージを各社の挑人(ちょうじん)を通して発信しています!

この度、公式Twitter開設ー。フォローよろしくお願い申し上げます。
2016年05月24日07:48
image


Women's Initiative for Leadership(WIL:ウィル)

大企業現場の女性マネジャーが一堂に会して1年間議論してきたプレゼンを聞きました。オープンな連携・連動の仕組みになってきたと思います。

女性活躍推進の新たなフェーズ。
2016年05月13日18:18
image


音楽の力ー。

一般社団法人日本音楽健康協会が主に「音楽健康指導士」養成を行っています!

介護分野では、痛みのイメージが先行しますが、音楽で楽しく快楽のイメージで予防ができるのは魅力的ですよね。

超高齢化社会に向けて、社会全体で考えていかなければなりません。

2016年05月02日01:30
image


ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?
当社は「包装と放送の融合」を目指していますのでスーパーなどで市場動向をみることができます!

本当に各社の工夫などが垣間見れとても勉強になります!!!

普段と違う観点で【買い場】を見てください。新しい発見があるかもです。
2016年04月26日19:07
image


「ものづくりの挑人たち」で取材した京セラさん。ネットニュースに続々登場です!

これからも日本を元気にする挑人たちを取材していきますのでお楽しみに!!
2016年04月23日00:23
image


日経CNBC 11:55〜(昼)
IT活用の家づくり最前線!

経済産業省が東京証券取引所と共同で「攻めのIT経営銘柄」として18銘柄を選定している。東京証券取引所の上場会社の中から、収益拡大や事業革新等のための積極的なIT投資や活用を実施する「攻めのIT経営」に取り組む企業を、業種区分毎に選定して紹介する取り組みだ。

その中の1社、積水ハウスに密着したー。続きを読む
2016年04月22日08:46
image


本日放送ー。
BSジャパン(BSデジタル7ch)23:55〜
太陽電池の開拓者、京セラ株式会社。

今から40年前。多くの企業がエネルギー問題に取り組んでいない中、世界中の住宅の屋根に太陽電池がのるのを夢みながら、太陽光発電の技術開発を先取り、リードしてきた。

新製品「Rooflex」を発表し、エネルギーの自給自足へ挑戦を続ける...。
2016年04月21日09:00


今何故、自給自足の生活が求められるのか背景が分かります。

社会問題を斬るー
ものづくりの挑人たち(日経CNBC)

2016年04月18日17:44
以前、取材させていただいた、建築家・坂茂さんの提案が今こそ生きると思われます。


2016年02月26日03:35
image


BSジャパン(BSデジタル7ch)23:55〜
明治時代まで主流として食べられていた穀物ってご存知ですか?

今週の「ものづくりの挑人たち」では、麦ごはんなどで再注目を浴びている「大麦」を特集!

炊いて食べるだけではなくスープやサラダ、デザートにまで使える用途の広さや、健康効果まで「大麦」の魅力をお伝えします!

「ものづくりの挑人たち」BSジャパン(BSデジタル7ch)23:55〜より放送!
2016年02月17日18:07
image


ホテル・旅館・観光・各種施設の『国際ホテル・レストラン・ショー(HOTERES JAPAN)』給食・中食・弁当の『フード・ケータリングショー(CATEREX JAPAN)』厨房・フードサービスの『厨房設備機器展(JAPAN FOOD SERVICE EQUIPMENT SHOW)』3展示会の英文名称の頭文字を取って『HCJ(エイチシージェイ)』

アップルパーク・ジェイテック・福島工業・TOTO・シャープビジネスソリューション(順不同、敬称略)の商品サービスを取材させて頂きました!満員御礼。
2016年02月03日17:00
image


ものづくりの挑人たち

BSジャパン 2月5日23時55分〜放送です。ものづくりの現場の隠れたストーリーをドキュメンタリータッチでお届けしています!!!

お楽しみに!!!

2016年02月02日17:42
image


キッズデザインミーティングin KANSAI

関西地区で初めての試みー。
キッズデザイン協議会 和田会長挨拶。
120名以上の参加です。

プロダクトデザインだけにとどまらない安全安心の心のデザインー。

10回を迎えるキッズデザイン商品ー。
今年はどんな商品・サービスが選ばれるのでしょうか!!!

前回の放送番組はこちらー
2016年01月18日12:17
image


新・ダイバーシティ経営企業100選

2013・2014・2015年度
「女性が活躍する企業特集」

番組の企画・制作しています!
過去番組もyoutubeで配信しております。
是非、ご覧下さい!

2016年はどのような企業が選ばれるでしょうか???


2015年06月11日14:08
energybar-bn
健康な状態とは、病気ではないことではありません!
真の健康状態とは、元氣でエネルギッシュな状態です!!!
そこで、aunから提案するのは、オフィスのプチ健康、その名もエナジー・バー是非一度ご賞味下さい!

株式会社aun(あ!・うん・いいかも、aun)への問い合わせ


日本テクノロジーソリューション株式会社 総合会社案内サイト
日本テクノロジーソリューション株式会社 公式facebook
2014年07月24日00:00
当社、企画・制作番組「ものづくりの挑人たち」
いよいよBS放送に登場です。



今後とも宜しくお願い申し上げます!

日本テクノロジーソリューション株式会社 総合会社案内サイト
日本テクノロジーソリューション株式会社 公式facebook
2014年05月31日23:30
今回は、主にプロジェクトマネジャーや工場長に取材しています。
会社やチームを引っ張る姿は、男女は関係がないということを気づかされます。
素敵な方々ばかりですので一見の価値有。ダイバーシティ経営をしたくなると思います。


ダイバーシティ経営企業100選のホームページからもご覧いただけます!

日本テクノロジーソリューション株式会社 総合会社案内サイト
日本テクノロジーソリューション株式会社 公式facebook

2012年04月20日22:22
挑人EXPO・展示会取材企画、展示会PRESSで取材しました。
ありがとうございました。

【展示会名】バリアフリー2012 http://barrierfree.jp/
(第18回高齢者・障がい者の快適な生活を提案する総合福祉展)
【会期】2012年4月19日(木)〜21日(土)3日間
【会場】インテックス大阪
【主催】社会福祉法人大阪府社会福祉協議会・テレビ大阪




日本テクノロジーソリューション株式会社 総合会社案内サイト
 ▼ワールドビジネスサテライトにも取り上げられた「風をあやつる技術」
 ▼日本初!新商品開発ドキュメンタリーサイト「ものづくりの挑人たち」
 ▼ビジネス・経済専門チャンネル 日経CNBCでも随時放送中!
 ▼新商品プロモーションビデオ・記者会見映像も
 ▼展示会取材企画 レポーターが御社のブースを取材
 ▼新事業・新商品開発の立ち上げサポート「世代交代」のすすめ
2011年10月12日09:00
fd9dd627.jpg
本日「変身する組織へ贈る!世代交代ストーリー」(日刊工業新聞社)が書店発売です。当社の事例だけではなく、他社の事例も交えながら、理論的に世代交代に必要なストーリーを描いています。2012年は、世代交代が多いと言われています。自らの経験がお役に立てれば幸いです。是非ご覧くださいませ!




日本テクノロジーソリューション株式会社 総合会社案内サイト
 ▼日本初!新商品開発ドキュメンタリーサイト「ものづくりの挑人たち」
 ▼ビジネス・経済専門チャンネル 日経CNBCでも随時放送中!
 ▼新事業・新商品開発の立ち上げサポート「世代交代」のすすめ
 ▼ワールドビジネスサテライトにも取り上げられた「風をあやつる技術」
2011年06月03日13:36
うれしい「お客様の声」を頂きました。

【問題】
1.最近、開発の効率化を図ることで、開発のスピードが上がったかもしれないが、職務が細分化され、高所対処から全体を把握できなくなり、細部しか見れない人材になっている。そこで、プロになり横展開してくれればいいのだが、そこで安住している感がある。夢がなくなっている。

2.営業は、開発の苦労が分からずに顧客のいいなりになるケースがある。カタログ(仕様・スペック)のみの話に終始していて、開発がどこに“こだわり”をもってエネルギーをかけたのか語れていない。他社との差別化ができていないということ。

3.よくある話だが、開発と営業のリレーション(関係性)が悪い。

そこで、新商品開発ドキュメンタリー「ものづくりの挑人たち」を活用して頂いています。

【課題解決】
●開発陣のモチベーションが上がった。若手の方にも伝えていきたい。
●カタログ営業ではなく、開発の思いを伝えることができるようになっている。
 →結果、顧客との共感が生まれ他社と差別化できる。
●部門間連携が可能になった。