2016年05月06日08:30

奇跡のレッスン

image


#奇跡のレッスン
素晴らしい内容でした!
心に残った元ロッテ・バレンタイン監督の言葉をまとめます。野球道もビジネス道も同じです。マネージャー・リーダーの方は参考になります。

名将・バレンタイン監督の言葉
#奇跡のレッスン🎶
とても勉強になりました!!!

夢・目標について
・まず夢を持たないことにはそれを実現できる可能性さえありません。
・夢や目標を持たないとそこに到達することなんて出来ないんだ。
・試合を楽しもう!野球も人生もベストを尽くせばなんでもできるんだ。
・体が大きいとか足が速いとかは関係ない。競争に勝つと強く思っている人が必ず勝つんだよ。

仮設力、イメージ力について
・ベストの自分をいつもイメージせよ。
・本当にボールが飛んできたら何をするか、いつも頭の中にイメージしておくんだよ。
・成果を生む練習とは、具体的な設定と確実性のあるプレー。
・何点差なのか、アウトはいくつか状況に応じた走塁をイメージしておくんだ。
・昨日の自分より少しだけ上達するという気持ちで毎日やって欲しい。
・昨日の自分を少しだけ越えろ!
・練習のときから小さな競争にひとつずつ勝とうという気持ちでいればどんな競争にだって勝てる。

チーム力について
・完璧な人間なんていないから誰でも必ずミスはしてしまう。本当に強いチームというのはミスを立て直していけるチームなんだ。
・野球チームにおいては全員がエースである必要などないんです。どの選手も必ず大事な役割があります。それを果たすことでチームは成功を収めるのです。

自信について
・彼らに自信と勇氣を植え付けましょう!
・我々の言葉など「外部からの評価」で得る自信ではなく「内面から沸き起こる」自信を。
・失敗することは成長する上で欠かせないものです。むしろ褒めるべき失敗もあると思います。ただ準備することを怠けたり自分が置かれた状況を理解していなかったり、意欲が足りないなどそういう怠慢から産まれる失敗は絶対に認めてはいけません。
・野球はとても多くの失敗が生まれるスポーツです。うまくいかないことのほうが多いので数は少ないかもしれませんが何かお子さんの成功を見つけてあげて下さい。ただ成功とはヒットを打った数や奪った三振の数ではありません。
・若い選手が野球をすることで常につきまとう「恐怖」が2つあります。まずひとつは怪我をすること。もうひとつは失敗することです。それはみなさんを喜ばせたいからです。みなさんを悲しませたらどうしようという不安が恐怖心を生むのです。その恐怖心はみなさんが取り除いてあげないといけません。そのために彼らのいいところを見つけてあげるのです。子供たちは恐怖心から解放され全力でプレーできると思います。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字