2009年06月20日23:59

第8回 産学官連携推進会議5

d144b513.jpgオープンイノベーション型の産学官連携による新たなる挑戦
環境・資源制約などの世界が直面する様々な制約への対応を成長の糧に
(交流会・野田大臣挨拶の様子)
とても刺激になりました!主体的にことを起こす必要性を感じます。
科学技術解決創造立国へ!

【プログラム】


9:45〜 9:50 (1)開会
  麻生総理からのメッセージ
9:50〜10:15 (2)基調講演
  野田 聖子:内閣府特命担当大臣(科学技術政策)
10:15〜11:05 (3)特別講演
○デニス・メドウズ:ニューハンプシャー大学 名誉教授
          インタラクティブラーニング研究所 代表  
"Innovation of social structure to make harmonious coexistence with the constrained environment and resources " 
○佃 和夫:三菱重工業(株)代表取締役会長、
     (社)日本経済団体連合会 副会長 
 「低炭素社会の実現に向けた産学官連携」  
11:05〜12:00 (4)特別報告
○堀場 雅夫 :全国イノベーション推進機関ネットワーク会長、
       (株)堀場製作所 最高顧問
 「全国イノベーション推進機関ネットワークの取組
   〜クオリア時代〜」
○富田 孝司:東京大学先端科学技術研究センター 客員教授、
       元シャープ(株) 常務取締役
 「産学官連携による太陽電池産業の育成と日本の今後の成長戦略プラン(ニューサンシャイン計画の成果から将来のエネルギー戦略を探る)」
○妹尾堅一郎:東京大学 特任教授 (知的資産経営)、
       NPO法人 産学連携推進機構 理事長
 「イノベーションイニシアチブ:日本を救う処方箋を考える」
○広瀬 研吉:(独)科学技術振興機構 理事
 「産学官連携プロジェクトの説明」
12:00〜13:30 昼食・休憩
(若手研究者による科学技術説明会、ワークショップ等)

13:30〜15:15 (5)分科会
I 「低炭素社会移行に向けての産学官の新しい潮流」
II 「プロパテントからプロイノベーション時代へ
  〜競争力強化に資する知財マネジメントの意味が変わる〜」
III「ナノテクノロジー 多様性と集中の戦略
   〜世界的ナノテク拠点形成と産学官連携の強化〜」
IV「新しい社会を拓く高度理工系人材の育成」
V 「元気な大学・中小企業・ベンチャーが牽引する地域活性化」
VI 「地域の産学官連携活動を支える基盤の整備」
15:15〜15:45 コーヒーブレイク
15:45〜16:45 (6)産学官連携功労者表彰
16:55〜18:25 (7)全体会合
機コ栃科会の報告、パネルディスカッション
    (フロアとの意見交換を含む)
供ツ鷂世亮茲蠅泙箸   
・座長:相澤 益男 総合科学技術会議議員 
・コメンテータ
尾身 幸次 衆議院議員、
  元科学技術政策担当大臣
  奥村 直樹 総合科学技術会議議員
18:25〜18:30 (8)閉会

日本テクノロジーソリューション株式会社 会社案内サイト
 ▼日本初!新商品開発ドキュメンタリーサイト
 ▼新事業・新商品開発の立ち上げサポート
 ▼新商品パッケージ・シュリンク包装とは
 岡田耕治
■堀場製作所 堀場最高顧問(84)の話。
全国イノベーション推進機関ネットワーク設立の趣旨
1.縦割り行政でワンストップになっていない。
2.施策の内容が不適格。主体者である中小企業ベンチャーがいない。
3.そもそも日本人はベンチャーにむいていない。

■東京大学統括プロジェクト機構 妹尾堅一郎さんの話。
技術に勝る日本がなぜ事業で負けるのか。
イノベーション(innovation)という言葉の定義を明確にしなければならない。
インベンション(invention)発明の協業とディフュージョン(diffusion)普及の分業が必要である。
※イノベーション(innovation)の語源は、ラテン語の"innovare"(新たにする)
(="in"(内部へ)+"novare"(変化させる))とされています。
日本語ではよく技術革新や経営革新などと言い換えられていますが、イノベーションはこれまでのモノ、仕組みなどに対して、全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出し、社会的に大きな変化を起こすことを指します。
(イノベーション25ホームページより。)

競争と協調
リスクとチャンス
オープンとクローズ
インテグラルとモジュラー
共通化と差異化
自前主義と協業
抱え込みと分業
どちらがいい悪いではなく、バランスの問題。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
軍師(ぐんし)とは、軍中において、軍を指揮する君主や将軍の戦略指揮を助ける職務を務める者のことである。このような職務を務める者は東アジアにおいては古代から軍中にみられたが、ヨーロッパでは近代的な軍制において参謀制度が確立するまで制度としては存在しなかった。 知将、策士などとも言われる。

現代版の軍師である、イノベーションプロデューサーやシナリオライターが必要。

■参議院議員 松田岩夫氏の話。
CMOが必要である。
チーフ・マーケティング・オフィサー

■三鷹光器株式会社 中村社長の話。
中小企業には、中小企業の戦い方がある・・・。
技術だけではなく、ビジネス的にどうかを考える必要がある。



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字