2008年03月22日23:28

クリエイティブ・マネジメント基礎講座5

c5d26f47.jpgクリエイティブ・マネジメント基礎講座にゲストとして参加しました。
茂木秀昭先生(自治医科大学医学部英語研究室准教授)のご指導のもと、ディベートを行いました。

◎アイデア(着想・発想の転換)
◎ロジック(論理の構築と検証)
◎データ(具体性・事例)
◎ストラテジー(戦略・相手の議論を予測)
◎タクティクス(戦術・臨機応変な対応)

立論・反対尋問・反駁(はんばく)のプロセスで進めます。
(反駁とは、立論の理論を伸ばす・立て直す・再々検証すること。)

【茂木先生のコメント】
自分なりの仮説を立てることが重要。
データや数字で補強する。
しかし、数字を鵜呑みにしてはいけない。
思い込みを意識化し、色々な面から検証してみる。

新商品開発を主観的かつ客観的に進めるのに抜群の効果があると思います。また、既存商品のセールス段階におけるメリット・デメリットによる比較論などにも使えます。あくまで、肯定・否定の役割分担ですので、結果遺恨を残すことはありません!

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字