[ 2014年09月 ]

2014年09月29日08:30
通常の名称は、「作業服」。
実際、仕事をする際に「作業服」だとテンションがあがらないと思います。そこで、常にミッション(使命)を思い出せる「カンパニー・ユニフォーム」を新調しました!CI(コーポレイト・アイデンティティ)確立のひとつです。

●胸には、ロゴ・マーク
●背中には、Solution Coordinator(成功物語の演出家)
●腕には、URL http://www.solution.co.jp

IMG_0050

日本テクノロジーソリューション株式会社 総合会社案内サイト
日本テクノロジーソリューション株式会社 公式facebook
2014年09月28日22:00
目標設定会議を兼ねて、韓国へ社員旅行に行って来ました。
異国を訪ねることで、思考の幅が拡がります。また、全員で行きたいものです!

韓国

日本テクノロジーソリューション株式会社 総合会社案内サイト
日本テクノロジーソリューション株式会社 公式facebook
2014年09月12日12:30
上司・上役に【判断】を委ねるのではなく【知恵】を借りる。

「自分の判断と○○さんの判断。やっぱり○○さんが正解だ。」
(正解探しに陥っている)

だから「正確な情報のみ」を上司・上役に報告して判断を仰ぐ・・・。よって決めたのは、○○さんであって自分ではない。だから、責任はない。後から問題が起こっても対処していく覚悟はない。だって決めたのは○○さん。素直に従っていたらうまくいく・・・。

これが、手放し運転で主体性のない行為です。(“無作為の罪”に等しい)あくまでも、上司・上役(だけではなく部下後輩なども含む)には「知恵」を借りるのであって「判断」を仰ぎ委ねるわけではない。あらゆることを決める(選択する)のは自分自身であって他の誰でもない。

枝葉末節方法論に陥ったり、手段の目的化になったり、本末転倒の結果になるのは、このあたりが原因かもしれません。世紀の大発見かも。
2014年09月10日09:00
健康産業新聞に掲載していただきました!!!

IMG_1223
「新発想のシュリンク装置が好評、映像を使ったクロスメディア提案も。

日本テクノロジーソリューション株式会社 総合会社案内サイト
日本テクノロジーソリューション株式会社 公式facebook