[ 2012年09月 ]

2012年09月18日20:02
2012東京国際包装展まで
残すところ2週間ほどとなりました

社員一同、ブースにてみなさまとお会いできること
楽しみにお待ちしております
=============================
■会場日程■
2012年10月2日〜10月5日

■会期場所■
東京ビックサイト 東展示棟第4ホール
 
■小間番号■
4-16
=============================

TORNADOシュリンク装置について
詳しくはこちら↓↓↓
ワールドビジネスサテライトにも取り上げられた「風をあやつる技術」



2012年09月15日23:44
本来人は必ず自分が成りたい人になれる。それだけの力が本来与えられている。ならないのは、自分がそう思っていない、つまり自分を信じていないだけなのです...。自分を信じない人は、現実化出来なかったら、自分の不甲斐なさを責めていきます。そしてどんどん成りたい自分から遠くなる。悪循環のはじまりです。

自分を“その気にさせる”一つの手段として、「キャッチフレーズ」はいかがでしょうか?キャッチフレーズで「セルフイメージ」を固めていくと自分自身で語る「セルフトーク」が変わってきます。

当社メンバーも30期目標設定会議にて、初めて“個人キャッチフレーズ”を決めていきました。今回32期目標設定会議。久々のブラッシュアップ。さて私は誰でしょう?

===================
【プロジェクト別キャッチフレーズ】
===================

●歩くパワースポット(ちなみに私です)

パワースポットに行くと、癒されると同時に人間本来の元氣が頂ける…。
笑い(ユーモア)&勢い(パワー)によって、安心感とやる気を同時に引き出し、各個人能力いっぱいの仕事ができるようにサポートしたい。
続きを読む
2012年09月11日15:43
若手社員に対して思うことは、唯一つ。
「まな板の鯉」に成れ!
です。

「何もできないこと」を認める勇気を持つこと。
基本的に、社会人1〜2年生は、修行中です。何も知りません。
●How to Live(組織の中で如何に生きるか)
●How to Learn(如何に学ぶか)

に焦点を当てていたらOKです。

しかしながら、「何もできないこと」を他人に見せるのは格好悪いと思っているようです。だから…「気づかれたくない」「言われたくない」…だって、弱い自分をさらけ出すのは怖いから。。。

「もったいない!!!」と思うのです。
何も知らないこと、何もできないことを認めるだけで、バラ色の世界が広がります。だって毎日が知らないことだらけで新鮮ですから!きらきらとした目になるように思います。












2012年09月10日23:28
タスクのどんな場面でも“コミュニケーション能力の必要性”はどなたでも感じると思います。苦労している人も多いと思いますが、私は、「コミュニケーションはスキルではなく、スタンスである」と言いたいと思います。

その3つのスタンスとは。

1.素直な心
素直な心を持っていると「相手の立場」でものを見ようとするので【素朴な疑問】が湧いてきます。「自分の立場」でものを見ると『尋問』になるので要注意。

2.優しい心(不親切の親切)
本当の優しさを持っていると「相手」のことを思ってしっかりと“言うべきこと”を言えます。たとえ言いにくいことでも。「自分」に焦点が当たっている嫌われたくないと思い、『迎合』に繋がります。

3.強い心
最後は【責任】を持つという強さです。相手の立場でものを見、相手の立場で考えていると「絶対に大丈夫だ」と言い切れます。そこには、【一貫性】を持った強さがあるので、相手は信頼してくれます。

この3つのスタンスが無意識有能レベルまで持てると全てうまくいくように感じます。ご参考まで

岡田耕治
2012年09月09日20:14
8203be10.jpg今月PRESIDENT:

●学歴がないと幸せになれない。
●就職しないと幸せになれない。
●結婚しないと幸せになれない。
などなど。

特定ポイントをクリアーできないと幸せになれないと思いこんでしまうことを「フォーカシング・イリュージョン」と呼ばれるらしい。

私もつい最近(最近といっても7年ほど前)まで、【A現状の姿】から【B希望する将来】への転換は、辛く厳しいものであると思っていました。或る意味「フォーカシング・イリュージョン」です。或るセミナーで目から鱗が落ちました。それは…。

『楽しみながらBへ行く』という考え方です。

絶対に「現状に満足する」のではなく「現状に感謝する」のです。現状に感謝しながら、将来を想像(イメージ)していく。あたかも希望する将来にいるかの如くふるまう。そうすれば自然に、Bの状態になっていくというものです。

楽ではないが、楽しい毎日。
そんな人生を歩みたいと思うわけです。
2012年09月05日20:47
先日、私たちも受賞している
「就活AWARD2013」で、
2013年度の秋採用の事が掲載されました
(2012年8月30日)
掲載情報


就活AWARDとは・・・
===================================
就活アワードは働く人にとって良い会社は
どこなのかを、就活アワード事務局が探し出して
受賞企業として選定していく事業です。
学生にとって有益な情報を発信いたします。
===================================

2013年度秋採用情報は、こちらからご覧下さい。
日本テクノロジーソリューション:エントリー窓口