[ 2012年05月 ]

2012年05月25日17:31
bba1c271.jpg
日刊ゲンダイ 新連載 ,修海縫咼献優垢離劵鵐箸ある「この社長の破天荒」に掲載されました。


【10年前に脱テレビの英断】
「東芝の下請け」から見事に変身


と紹介されています。
ありがとうございます。

日本テクノロジーソリューションは「優れた技術を優れたビジネスに」するお手伝いをしています。

日本テクノロジーソリューション株式会社 総合会社案内サイト
 ▼ワールドビジネスサテライトにも取り上げられた「風をあやつる技術」
 ▼日本初!新商品開発ドキュメンタリーサイト「ものづくりの挑人たち」
 ▼ビジネス・経済専門チャンネル 日経CNBCでも随時放送中!
▼新商品プロモーションビデオ・記者会見映像も
 ▼展示会取材企画 レポーターが御社のブースを取材
 ▼新事業・新商品開発の立ち上げサポート「世代交代」のすすめ
2012年05月21日23:28
1080年12月14日(本州)
1987年09月23日(沖縄地区)
2012年05月21日(本州)

“生”で観察できるのは正に“有難し”です。
太陽−月−地球。繋がりを感じます。

当社のロゴマークが、「太陽・月・地球」を表しているのでは?と感じたのは私だけでしょうか???



日本テクノロジーソリューション株式会社
2012年05月17日19:19
9747d866.png
「我社を中心に地球が回っているわけではない。我社の方針や我々の都合に合わせて外部環境が変わってくれるわけでもない。常に外部環境の変化に対応している組織であるように心掛けよ」
(ある組織の基本構想)

「大きくて強い会社が勝つのではない。変化に対応できる会社が生き残るのだ」
(ドラッカー)


経営者や経営学者の方は、必ず「企業の変化対応能力」について述べられます。日本テクノロジーソリューション(旧社名・岡田電気工業)は元々ブラウン管の検査装置メーカーでした。2000年にブラズマや液晶分野の検査装置関係も手掛けましたが、競争優位性が保てないと2001年強みを活かした新分野に進出しました。

その後、2004年6月に「国内ブラウン管工場閉鎖」のニュースが流れ、2012年現在では、「国内テレビ製造メーカーの凋落」が叫ばれています。このようなニュースを見るにつけ、【外部環境の変化】に気づける会社であらねばと心新たにします。

図表:「DisplaySearch_Worldwide_TV_Forecast」より引用。続きを読む
2012年05月11日17:47
最近、経営者・上級管理者とお話していると「主体性がなくて困る。どうしたらいいか?」とのご質問をよく受けます。

国語辞典によると「自分の意思・判断で行動しようとする態度」岡田辞典では「自分で感じ考え行動する能力。かつどんな状況下でも面白がる態度」

主体性の反対を考えると分かりやすいと思います。
従頭性−人の頭に従うこと。意思のないこと。(あるいはないように見えること。)

意思がない→意思がないので行動もしない/意思がなく行動する。→だから、結果責任はすべて上司−。最後は「○○さんの指示でやりました」というフレーズ。

本当に部下は“意思や考え”はないのでしょうか?
私の意見は、NOです。部下の方とお話していると、アイデアや意見を持っていないのかと言えばそうではありません。しっかりとしたものを持っています。しかしそれが出せない。(出さない。)
なぜか?

日本テクノロジーソリューション株式会社 総合会社案内サイト
 ▼ワールドビジネスサテライトにも取り上げられた「風をあやつる技術」
 ▼日本初!新商品開発ドキュメンタリーサイト「ものづくりの挑人たち」
 ▼ビジネス・経済専門チャンネル 日経CNBCでも随時放送中!
▼新商品プロモーションビデオ・記者会見映像も
 ▼展示会取材企画 レポーターが御社のブースを取材
 ▼新事業・新商品開発の立ち上げサポート「世代交代」のすすめ続きを読む
2012年05月10日23:28
MOT東京校第9期の体験講座を行いました。
6月19日開校です!申し込みはお早めに。

【講座名】  
MOT(技術経営)特別セミナー
2012年度(第9期)体験講座
【開催日時】 
平成24年5月10日18:00〜
【担当講師】 
日本テクノロジーソリューション株式会社
代表取締役社長 岡田耕治
【講座目的】
「今、何故日本企業にイノベーション・マネジメントが必要か」イノベーション(中国語:創新)が必要なことは、分かっているが、うまくいかない。「知っていることとできることは違う!」というコンセプトで現場実践に基づき解説する。
【授業方法】 
講義とケーススタディ
【参考URL】
・変身する組織へ贈る!世代交代ストーリー
・井上久男の「ある視点」
【講師コメント】
MOTスクールでは、東京校・大阪校・名古屋校で550名を超える卒業生を輩出しております。
・事業戦略(営業・人材・財務)・技術戦略(研究開発・生産)・知財戦略
の融合させた、「三位一体型のグローバル戦略」が求められています。まさに『技術を活かす経営』。誤解を恐れずに言うとMBAは評論家(非当事者意識が強い)をMOTは実践家(当事者意識が強い)を増やします。どちらが良い悪いではなく、変革期には、実践家が必要ではないかと考えるわけです。続きを読む