[ 2010年05月 ]

2010年05月31日09:15
私が、社会人2年目の頃に先輩と話していて、聞いた言葉です。

「夏は夏で夏を楽しみ、冬は冬で冬を楽しむ」


通常、夏になれば「熱い!熱い!」と文句を言って、冬にならないかなと期待をし、冬になったらなったで、「寒い。寒い。」と愚痴る。

おかしくないでしょうか。

夏は、海水浴や山登り−。冬は、スキーや温泉−。
今、ここでしかできないことは多くあります。

是非、今を楽しむ癖をつけましょう!
世界が違って見え、感謝できると思います。今日も一日顔晴りましょう!
2010年05月30日21:19
久しぶりに「ブッタ」(第六巻)を手にしました。
こんなフレーズが目に飛び込んできました。
大切なものを教えてくれています。

=========================
「木や草や山や川がそこにあるように人間もこの自然の中にあるからにはちゃんと意味があって生きている」「あらゆるものと…つながりを持って!」「もしおまえがいないならば何かが狂うだろう おまえは大事な役目をしているのだ」

「川は偉大だ 自然の流れのままにまかせて何万年もずっと流れてる」「流れをはやめようという欲もなければ流れを変える力も出さない すべて自然のままなのだ!」「しかも大きく美しい…よころばれ そして めぐみをあたえている…」
=========================

もし、「ブッタ」の世界に触れていない方は、是非ご一読を!


『ブッダ』は、手塚治虫による日本の漫画作品。
仏教の開祖で、“釈迦”・“仏”・“ゴータマ・ブッダ”等と呼ばれるシャカ族の王子、シッダルタの僧としての生涯を描いた仏教のストーリー。潮出版社の少年漫画雑誌『希望の友』(後に『少年ワールド』→『コミックトム』と改題)にて、1972年から1983年まで連載された。
アメリカでも高い評価を受けており、2004年および2005年のアイズナー賞最優秀国際作品部門を受賞した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

続きを読む
2010年05月30日17:27
b30f7f15.jpg



■医薬品 包装機械・包装資材EXPO
 会期 2010年6月30日(水)〜7月2日 10:00〜18:00
 会場 東京ビックサイト

【日本テクノロジーソリューション株式会社】も出展します!
たくさんの方のご来場お待ちしております!!!
2010年05月29日16:04
f77fbb4f.JPGミスミさんが「購買代理店」のコンセプトで随分前から、事業展開をしています。決してメーカーの販売代理店ではなく、ユーザーの購買を手伝う企業として存在価値を発揮されています。
(写真:電通本社ビル)

当社は、新聞社やテレビ局の広告代理店をやっているのではありません。ものづくり企業・研究開発型企業・メーカー様の販売促進のお手伝いをしております。

「情報」を創る&「情報」を繋げる

ある企業のマーケティング部で、下記のように分かれていました。
1課=商品企画(商品コンセプトや容器包装
2課=販売促進(Web・TV・雑誌・ラジオ・店頭などでの販売促進策
3課=流通対策(インターネット通販・TV通販などの通販事業

当社は、シュリンク包装などのハードの提供、WEBやTVなどを中心としたソフトの提供を行っております。


続きを読む
2010年05月14日23:00
ジェームススキナーさん。7つの習慣の訳者としても有名です。

今日のメルマガを何気なく見ました。とても勉強になります。
是非是非、しっかりご覧下さい。
===========================

『社内の問題を解決するにはどうしたら良いですか?』
という質問が、経営者やマネージャーの方からでたりします。
それに対するジェームスの答えは、
『社内の問題を議論しない事』

問題があるのに、問題を議論しないでどうするの?放置しろってこと?

そう思われるかもしれません。
まあ、ある意味そうです。

その理由は、『集中するものは拡大する』からです。

だから問題に集中してはいけないわけです。

実際、社内で何かしらの問題がある、例えば、人間関係とか。
組織の問題の8割はコミュニケーションの問題であると言われています。岡田)

それを議論して解決するでしょうか?

多くの場合、その問題はより大きくなります。
『集中するものは拡大する』からです。

続きを読む
2010年05月13日23:22
ジョハリの窓−。
心の4つの窓。
 ー分が知ってて他人も知っている自分
◆ー分は知ってて他人は知らない自分
 自分は知らないが他人が知っている自分
ぁー分も他人も知らない自分

の窓を知ろうと思えば、
自己診断ツールか他人からの【フィードバック】しかありません。
そのフィードバックは、事実かどうかや正しい、間違いではなく“認知の問題”です。「私からはこう見えるよ」というだけの話です。
その時の態度で「成長」が違ってくると思います。

いい本の紹介がありましたので、参考にして下さい。


==================================
◆あなたは、いま「笑顔」ですか?

 ◆あなたは、いつもどのように返事をしていますか?

 ◆あなたは、人の話をどのような態度で聞いていますか?
==================================

ごくシンプルな項目ですが、
実はここに運命を好転させていく習慣のポイントがあるのです。

では、どのようにすればいいのでしょう?
続きを読む
2010年05月11日17:47
2008年4月Webからスタートした「ものづくりの挑人たち」−。
2010年4月。日経CNBCにて放送開始−。
記念すべき第一回目は、日本テクノロジーソリューション株式会社。


2010年05月05日18:36
■パコと魔法の絵本

でやさしい気持ちになること請け合い-。

そして、自分の中にある、強さを呼び起し、まともではないこと(世間常識とは外れていること)の素晴らしさ、自分らしさの楽しさを教えてくれる作品−。
■アリスインワンダーランド
公式ホームページはこちら

公式YOUTUBE

2010年05月03日23:00
ゴールデン・ウィークいかがお過ごしでしょうか?

先日家族で、あるお店に行きました。
ガイドブックに掲載され、観光バスがとまるところです。
建物もよく、料理もおいしく大変満足していました。

ところが、店員の配慮のなさや対応の遅さにいらいらしてきました。
周りを見ると、皆いらいらしており、どんどん笑顔が消えていく様が手に取るように分かります。

アンケート用紙なども完備されてあるので、商売がら直接店側にフィードバックをしようと思いました。しかし、横にいる奥さんが「言ったらだめ」とくぎを刺します。アンケートに書くよう促すので、書いて意見箱に入れようとすると「自分のポケットに入れる」と言います。「書いてすっきりしたでしょ」というのです。

怒ることは「経験値のなさ」だと言います。「品格がない行為」だと。
少しばかり、店側の立場になれば、致し方なしとあきらめがついたりする。相手には、相手の立場があり、良かれと思ってやっている。
それを完全に否定するのはよくない−。

何か身につまされるものがありました。
色々な局面で、結構、言ってきました−。
色々な人を傷つけたと思います。

これもコミュニケーションスキルだと思います。
怒りを我慢したり抑えたりするのではなく、親「木の上に立ってみる」ごとく、物事を見ていこうと思いました。
2010年05月02日23:28
52a0cd7a.jpgお店で発見シリーズ−。
繁盛店にはいい言葉があります。

心の豊かさは、まさにこれ。