[ 2009年12月 ]

2009年12月31日23:28
政治の世界も経営の世界も同じ部分があると思います。
それは「戦略と効率化」の順番です。

「目的と手段」といってもいいと思います。

【政府は30日の臨時閣議で、鳩山政権として初の「新成長戦略」の基本方針を決定】とのニュースが流れていました。率直に“遅い”と思います。しかも、一瞬見ただけでは、自民党政権下とあまり変わらない印象もあります。

やはり\鑪があり効率化の順番が大切だと思います。

事業仕訳(効率化)ばかりが最初目立ちましたが、先に戦略を優先させないと、本末転倒になってしまいます。企業でもどうしても先に原資を確保しようと効率化策(リ・ストラクチャー策)を先に提示してしまいがちですが、モチベーションも上がらなければ、結構白けてしまいます。
まず、戦略ありき。もっといえば、まず理念ありきです。

そうは言っても、我々は外野にならず、常に主体性を持って国の将来を考えねばなりません。『シンクグローバル・アクトローカル/国のことを考えながら、企業の立場で行動する』

よいお年を。

新成長戦略>>>続きを読む
2009年12月30日22:25
「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」と一般的に言いますが、私は「賢者は歴史と経験に学び、愚者はいずれにも学ばない」と思っています。

さて今日の新聞で、
1989年12月29日 3万8915円
2009年12月29日 1万0638円

約73%下落。株底なし20年−。
との記事がありました。

その期間に
▼08年リーマンショック
▼01年同時多発テロ
▼97年山一証券自主廃業
▼95年阪神淡路大震災
が起こっています。

その日米での4つの出来事を見るにつけ【物質と金融の崩壊】が起こっているのが分かります。

『物質・金融』から『精神性・エネルギー(見えざる力)』への移行です。そのために、カオス状況になっているだけであって、私はいい傾向ではないかと思うのです。
経営資源でたとえると、『商品・資金』から人材を介した『情報・文化(Way・DNA)』への移行です。新しい世界なので、新しい価値観や考え方が必要になります。
まず企業としては、唯一無二の存在として、自らのアイデンティティを明確にすることから始めないといけません。

続きを読む
2009年12月28日01:02
ことあるごとに振り返りの重要性を説いています。
振り返りとは、反省ではありません。
振り返りとは、うまくいったこと、うまくいかなかったことに分類し、うまくいかなかったことをうまくいくようにするための前向きなプロセスをいいます。(課題を目標に昇華させる)

2009年は、私にとってけじめの年でした。
■社長就任から10年。(1999年5月11日)
■社名変更から5年。(2004年9月3日)
■新卒採用活動から3年。(2006年12月5日)

前原大臣がコンクリートから人へとおっしゃっていますが、私は、事業内容をこの10年でハード分野(機械・装置)のみからソフト分野(人:設計・デザイン・コンサルテーション・ファシリテーション・プロデューサー・コーディネーター・・・)を拡げるべく、挑戦を続けてきました。(今も進行中)
なぜか。日本は、人口減少局面に入り、資源が少なく、土地がありません。だからこそ、生き残るためには、人に付加価値つけていくしかないと思っているからです。(一のものを二にも三にも拡大できるのは、明らかに人的資源のみである。)

2010年方針は、Man Machine integration−。
人を中心とした事業、機械を中心にした事業の融合を図り、ビジネスを深耕していきたいと思います。
2011年10月2日には、設立30周年を迎えます。
(1981年設立/1976年創業)
新しい一歩を踏み出せるように準備していきましょう。

2009年12月26日21:00
15年程前に読んだ長谷川慶太郎氏の書籍からの抜粋資料を発見!
今、必要な事柄です。
(年末掃除のおかげ)

01. 過去の経験、特に成功の経験を忘却。
02. 情報の公開。
03. 金融機関に対する態度の変化。
04. 従業員への対応において、賃下げの要求も必要。
05. 仕入先や原材料の購入先を過去の経験から
一切離脱した発想での見直し。
06. 企業の長期計画の忘却。
07. 情勢判断は、徹底して『山勘』を基準に構築。
08. 自己責任の貫徹。(無責任はだめ)
09. 『継続性』の放棄。(朝礼暮改をも恐れぬ勇氣を)
10. 徹底した『常識』の放棄。

全てをゼロベースにするいい機会です。
1. 5. 7. 8. 9. 10.が特に重要です。



2009年12月21日22:28
2df0ede6.jpg今年度から始まった大阪地区での説明会−。
関西地区は神戸で開催していましたが、今回初めて大阪で行いました。
名門リーガロイアルホテル横の【大阪国際会議場】。高級感ありましたよ。
経営者からよく聞かれる「東京の学生と大阪の学生の違い」や「2011年度の学生の特徴」…複数回やると見えてきます。一点だけ不思議な現象。何故か大阪地区は、男性割合が高いです?何故でしょう。
=======================
2011年度新卒採用セミナーも始まっています。
2011年10月2日は、設立30周年にあたります。
新たな一ページを共に築く仲間を募集中です。
笑あり涙あり少し変なトップセミナーです。エントリーはこちら。
2009年12月20日23:28
2761a94c.JPG東京、大田区にある日蓮聖人像を見ました。

我 日本の柱とならん。
我 日本の眼目とならん。
我 日本の大船とならん。


すごく大きな感じがしません???
私は日常の小さなことにこだわってられないような印象を受けました。
(宗教観のお話ではありませんので、あしからず)
現代の日本は、小賢しい(こざかしい)人が増えているように感じます。
少し小さな個人のプライドを捨て、大きな視点、日本・世界・宇宙の観点から志を持ちたいものです。そして「祖にして野だが卑ではない。」そんな人材を育てたいと思っています。
2009年12月18日23:28
ccd9e26c.JPG昨年度から始まった東京地区での説明会−。企業が星の数ほどある中で、よく日本テクノロジーソリューション、トップセミナーに時間を割いて来てくれたな〜と自然に感謝の念が沸き起こります。「おかげさまでご縁頂きまして、痛み入ります」
本日セミナー会場が【東京芸術劇場】。音響ばっちり。
声もよく響きました。(喉が枯れなかったです)
劇場のように少し感動(感じて動く)してもらい、皆さんの職業観を変えたいと思っています。
=======================
2011年度新卒採用セミナーも始まっています。
2011年10月2日は、設立30周年にあたります。
新たな一ページを共に築く仲間を募集中です。
笑あり涙あり少し変なトップセミナーです。エントリーはこちら。

2009年12月14日23:28
ケース「ゼロ磁場に行く」

あなたは、かねてから行きたかった日本有数のパワースポット分杭峠に向かい車を走らせています。大阪で大事な約束があるために、松本空港15:35の飛行機に乗らなければいけません。

現在12時−。

分杭峠から空港まで約1時間30分−(勝手な予想:渋滞や山道も含む)。昼食をはさみ15:00には空港にチェックインできると思っていた矢先…。
あなたならどうしますか?
2009年12月14日23:20
「12月15日以降、冬季通行止めになる」という看板を発見し、14日に向かわせていることに幸運に感じています。
分杭峠まで、あと10分−。盛り上がる車内、その時に立ちはだかったものは…。

「工事中:通行止め」
車も人も入ることができません−。

■手に入れたいもの(目標)に向かい順調に進んでいた矢先、突然達成困難な壁(らしきもの)が見えます。
その時あなたはどうしますか?
2009年12月14日23:14
諦めてUターンする途中、工事現場を発見。“だめもと”精神で聴いてみます。
「分杭峠に行きたいのですが…工事中ですよね。他に裏道ってあります?
ちなみに、15:00までには松本空港に着きたいのですが…。(制約条件:時間)」

すると口ぐちに
工事現場の人「無理だよ、無理。ここ以外にルートは2つあるけど、15時のフライトだろ。無理だよ。」
わたし「他のルートは工事中ではないのですね。(制約条件の確認)」
工事現場の人「もう工事は終わってるけど、無理だよ。」
わたし「ありがとう…」
車内は落胆ムード一色。

(こんなに楽しみにしてたのに。行きたかった。長野まで来ることって早々ないかも。)ネガティブな内なる声が聞こえてきます。

(でも行きたいよな)そんなかすかなWILL(意思)もかろうじて聴こえてきます。

■周りの人たち(専門家・経験者)があなたの目標の実現可能性を明確に否定します。
その時あなたはどうしますか?
2009年12月14日23:12
「冷静に判断しよう」
あなたは冷静に地図を見始めます。目標地点と現在位置のギャップを確認します。

「ざっくりと、30分−30分−30分−30分…2時間で分杭峠到着。頑張って14:00。帰り、30分−30分で高速道路15:00。そこから一時間で空港。16:00…。」
(30分か。フライトは15時30分か。30分足りない。)

過去の行動に対して反省が入ります。自責の念…まさに自分を責める状態です。
「30分早く出ればよかった。」

そんな時、裏道を発見しました。
しかし、それは正規のルートじゃないらしく地図では、細く色は塗られていません。しかも、複雑に曲がりくねっています。(30分短縮できる保証はどこにもありません)

■目標に対して、ショートカットできそうな可能性がありました。しかし机上でも達成できる保証はどこにもありません。
その時あなたはどうしますか?
2009年12月14日23:10
冷静さを取り戻しつつあるあなたは、30分で見積もった工程,魏進で走ったかを振り返ります。

すると「25分だ!」(5分間短縮できていました)

ある仮説が成り立ちました。
「もし、30分かかるところを20分で行けるとすれば、10分間の6工程…。1時間も短縮できる」しかし希望と不安が錯綜します。

「制約条件の時間、そして、チケット料金(お金)…。まして大事な約束(人の信用)」
あなたはまだ意思決定できません。

「消極的な意思決定を積極的にすることも必要か…」そんなことをつぶやいています。

■まだ不確実性が高い状況の中での意思決定を迫られています。
その時あなたはどうしますか?
2009年12月14日23:02
地図をじっくり眺めていると工程△鮟了した時点で意思決定してもいいことに気付きます。オプション(選択肢)が見つかり、視野が広がった感じがします。

「よし。新原田の交差点まで20分で行くことができれば、GOだ!」

おのずと、アクセルが強く踏まれます。
しかし、前からは、大きなトラック(対向車)。前を走るゆっくりと進む車…。前途多難です。

■ある程度、方向性(小目標の設定)が見出すことができました。
その時あなたはどうしますか?
2009年12月14日23:01
「危ない!」
はやる気持ちがあればあるほど、周りが見えなくなるものです。

「コンプライアンスとセイフティードライブ。」
その時、あまり目標に固執するがあまり、基本的な前提条件を忘れそうだった自分に気づきます。

「命があって行動できるし、そのための交通法規がある。まずは、安全にいこう」

そんなことを考えているうちに、
目標の20分が近づいてきました。まだ、新原田の交差点が見えてきません。
最終の意思決定が迫られています。

『やっぱり無理か…』

そんな時、左手に川が見えてきます。

???

道を間違えたらしく、右か左か最終の意思決定の前に、空港ではなく、分杭峠の方角に向っていました。

■まだ、引き返すことも可能です。自分で意思決定はしていません。
その時あなたはどうしますか?
2009年12月14日23:00
「意思決定せずに目標に向かっているということは、自分たちの意思WILLが勝ったということ。絶対行ける!人間の領域と神の領域があり、人間が考えられることなんてたかが知れている。神が導いてくれているのなら大丈夫!」

しかし、いっこうに次のチェックポイントにも着きません。
またもや、そのチェックポイントも逃していたようです。

「なるほど。もう行くと決めたら、細かなことを考えず、“や・る・だ・け”なんだ」

そして、晴れて日本有数のパワースポット分杭峠に着くことができました。

■意思決定した後、あれやこれや迷う情報が出ます。
その時あなたはどうしますか?
2009年12月14日22:28
実は、行こうと思って行ったのではありません。
たまたま出張先の近くに、パワースポットがあり、ひきつけられるように行きました。何かこの約1時間で、人生で必要なことを学んだような気がします。

・まずうかれないこと。足元をすくわれる。
・ネガティブな周囲の声に耳を傾けるな。自分の声に忠実になれ。
・諦めかけてもやめるな。やれる方法を考える。
・冷静に判断せよ。消極的な意思決定をする勇氣も必要である。
・オプション(選択肢)を増やせ。柔軟に行動せよ。
・大きな目標を掲げたら、できるだけ目標を細分化せよ。
 (1時間短縮!ではなく、30分を20分に短縮×6工程で1時間。)
・あとはゲーム感覚で運用せよ。
・ゲームにはルールがある。コンプライアンス重視。死ぬな。
 (死んだらゲームオーバー・・・)
・そこから先は、神の領域。神がいるから、大丈夫。
・決めたら迷うな。神に失礼−。
・終わってしまえば、大したことはない。だからチャレンジせよ。

制約条件の中で人は生きています。いろんなWISH(欲求)を我慢しながら生きているようにさえも見えます。それは、自分がRISKとWISHを比較分析・検討し、安全を選んでいるだけだと思うのです。無茶なリスクテイクを勧めているわけではありません。人生って、何かゲーム感覚で皆が遊ぶ場のような気がしてならないのです。
一緒に遊びませんか???
2009年12月07日23:28
cbd11a5d.jpg本日、松下さんを約20年前に退職後起業された社長と面談させていただきました。世の中を見る目や問題意識の高さに圧倒されました。応接には「道」という文字。(当時、退職された方々に配られたそうです)

しっかりと自分の「道」を歩いていたら、「術(じゅつ)」ではない「道(どう)」の領域にいけるのだと思います。

==============================
「道」

自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。
どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない自分だけしか歩めない、二度と歩めないかけがえのない道。
広いときもある、せまいときもある。のぼりもあればくだりもある。
坦々とした時もあれば、かきわけかきわけ汗する時もある。
この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまる時もある。
なぐさめを求めたくなる時もある。

しかし所詮はこの道しかない。
あきらめろというのではない。

続きを読む
2009年12月06日23:27
563f8f38.jpg「咲いた花見て喜ぶよりも花を咲かせて人を喜ばせたい」

いいフレーズですよね。



●我々は何かを得ることによって生活しているが、人生は与えることによって豊かになる。
アシュレイ・ブリリアント
●たらい理論
たらいの水は向こうに押しても必ず戻ってくる。何かを得ようとすれば、まず与えよ。
松下幸之助
●やりとり、Give&Take。
日本語も英語も与えるが先−。
人生の先輩
2009年12月02日18:45
【宝塚歌劇団の舞台裏にはられている張り紙?】

教えてもらいました。
面白いですね。
チェックリストで使えそうです。
意識しているから、エネルギッシュな舞台ができるのだと感心しました。


【ブス25カ条】

01.笑顔がない
02.お礼をいわない
03.おいしいと言わない
04.目が輝いていない
05.精気がない
06.いつも口がへの字の形をしている
07.自信がない
08.希望や信念がない
09.自分がブスであることを知らない
10.声が小さくてイジケている
11.自分が正しいと信じ込んでいる
12.グチをこぼす
13.他人をうらやむ
14.責任転嫁がうまい
15.いつも周囲が悪いと思っている
16.他人に嫉妬する
17.他人につくさない
18.他人を信じない
続きを読む