[ 2009年11月 ]

2009年11月28日08:33
【二代目・後継者が知っておくべき「会社を伸ばす3つの戦略」】を拝聴しました。無茶苦茶たくさんのヒントを頂きました。実務家の話は面白いです。エッセンスは、2冊の本にあります。お勧めです!!!

超・会社力―力強く利益を出し続けるために超・会社力―力強く利益を出し続けるために
著者:長谷川 和広
販売元:かんき出版
発売日:2004-06
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート2000社の赤字会社を黒字にした社長のノート
著者:長谷川 和廣
販売元:かんき出版
発売日:2009-07-07
おすすめ度:3.5
クチコミを見る

2009年11月27日23:28
11a9478e.jpg戦略構築に欠かせないポジショニングマップ−。ニッチ(隙間)を探したり、競合との差別化の要因を探したりすると効果的。今日、タリーズで、「ビーンズの味わいのポジショニングマップ」を見つけました。

本当に使い方様々。気軽にポジショニングマップを作成してみたらいかがでしょう。考えるヒントになります。

2009年11月23日22:58
f24c3d76.jpg今日、神戸舞子の海に人ごみが出来ていたので何事かと思い近づいたら、「夕焼け」本当に美しさと壮大さに目を奪われました。そういえば昨日の新聞に面白い記事があったので、少し引用させてもらいます。

↓↓↓
この宇宙に次々と生まれた巨大な恒星。それが寿命を迎えて大爆発した際、大量に放出された素粒子ニュートリノの働きで、水素からウランまで92種類の元素全てが宇宙空間にばらまかれた。ニュートリノがなければ、46億年前に地球も生まれず、生命の誕生もなかった。
「こういうことを知れば、生きていることに感謝したくなるでしょう?」
(小柴昌俊さん)

20091122 読売新聞朝刊 長寿革命・死生観(抜粋)


宇宙や自然のことを考えていたら、「本当に生きているだけで丸儲け。裸で生まれてパンツ履いて死ねばそれでもう勝ち」というさんまさんの言うことは間違いじゃないと分かります。所詮全ては小さく、はかなく、一瞬の出来事に過ぎません。だからこそ、自分で自分を輝かさないと損ですね!
2009年11月22日00:49
64ec9350.jpg2009年4月期の連結売上高955億円の東証一部上場企業の食品スーパー。青森県中心。
株式会社ユニバース

クルマ社会の北東北では、飲料などケース単位でまとめ買いしていく客が多い。しかし、茶色い段ボールを店頭に山積みにしては、購買意欲がそがれるというもの。そこでカゴメに対して、商品パッケージに合わせたデザインへの変更を依頼した。(日経ビジネス2009.11.23より抜粋)

写真のキャプションが面白い。
「味気ないパッケージがきれいなものに変わった」

実際に、コンビニエンスストアが乱立する日本では、コンビニが我が家の冷蔵庫を語る家庭は多いかもしれませんが、デフレが進む中、お買い得●●パックなどの需要があります。

当社も集積パッケージ用マシンを開発しています。
ご参考まで。
▼新商品パッケージ・トルネード方式とは
2009年11月21日11:54
顧客満足向上を企業方針として掲げる企業が多いです。
あくまでも、企業目的は『顧客創造』ですから当然です。
中でも飲食店などはアンケートなどを置いて顧客の声を拾いサービス向上に努めようとしています。

これから会食の予定だったので、お待たせするのも悪いと思い、お店を予約しました。

「土曜・日曜・祭日の予約は、12:00までに限ります」

意味が分からないと思いながらも、12:00に予約。

しかし、遠方から飛行機で来られるために、着時間が遅れるとのこと。
状況を今お店に連絡すると、
「予約を“解除”して頂いて、お並び頂くことになります。」

にしても、気になるのは、最初のお電話の女性、2度目のお電話の男性に共通するサービス業にあるまじき感情“ゼロ”の態度。

「マニュアル・ルールだからしょうがないじゃん。
ひとりの無理を聴くと客って図に乗るでしょ!」
っていう声が聴こえてきます。
全国・特に神戸では有名なお店−。

私も、声なき声(心の中)で言いました。
「空いてても二度と来ません。」

サービスとは、「マニュアルからの脱皮」であり、顧客の状況を感じる力であると思います。しかしその責任は、現場の方ではなく、マネジメント側にあるのは明らかです。これも一つの「他から学ぶ」です。
2009年11月20日11:07
特徴【feature】
利点【advantage】
便益【benefit】


営業トークやツールを見ると面白いことに気付きます。
マーケティングでよく言われる3つの段階−。

◆自社商品・サービスの特徴に終始する営業マン。
◆利点・メリットした謳っていないパンフレット。

特徴も利点も大切なのですが、お客様の便益・利益にどうつながるのかが分からなければ、意味がありません。だから、顧客の現状と希望する将来の姿のヒアリングが必要な作業になります。営業は、顧客の夢や目標に対して、お手伝いするために、自社商品やサービスを提供しているのです。まさに、コーディネーターの役割になります。だから極端な話、自社に顧客の夢や目標を実現するための手段がないのであれば、競合他社とコラボレートすればいいわけです。

ある社長がテレビのインタビューに応えていました。
「会社の商品なんて、手前勝手がものである。こちらが手前勝手に考えて、良かれと思ってやるけど、本当のところは分からない」
私はこれぐらいで丁度いいと思っています。これぐらいで考えていれば、本当のところを感じようとするでしょうし。


テクノロジー(機会開発)とソリューション(問題解決)の両方の視点を有し、繋げる機関・人材が必要であると考えて、日本テクノロジーソリューション株式会社を運営しています。(あくまでも手前勝手に)
2009年11月19日01:58
仕事も遊びも、ゆとりのない男には魅力がないー。

◎仕事上手になりたければ遊び上手になれ
◎「置いていかれる」ことを恐れるな
◎料理をすると遊びの本質が理解できる
◎本物の恋愛は命がけ、だから美しい
◎趣味は実践しなければ意味がない
◎「人生で一番大切なものは潔さですね」
◎ケンカのできない男になるな!
◎遊び心は子供心に通じる

共感です。

【不良であること七箇条】
1.自由でヤンチャで無頼なる者をいう
2.文化的素養を持つ者でなければならない
3.お洒落で我がスタイルを持っていなければならない
4.色香を持ち、女にうっとりもされなければならない
5.「破滅性」をはらんでいる者のことをいう
6.「少年っぽさ」を持ち続ける者のことをいう
7.都会的で優しさを持ち合わせていなければならない

続きを読む
2009年11月18日18:14
言語(言葉・言うこと・知っていること)と体(行動・やること・できること)

全てにおいて、主(あるじ)にならないといけません。“いうこと”と“やること”に一貫性を持ち、自分でコントロールしていれば何も問題はありません。「主体的に生きる。そのためには、主語は“私”で話す。」

そんなことをよくメンバーに話しています。

…が、今日なるほどと思った話を聞きました。
「怒ること(怒鳴ってやらせること)は、依存的な行為です」
〜何故、(お前は)できないのだ。〜いつも(お前は)こうなんだ。
などなど。
「主語が“あなた”になってる。」
納得でしょ。怒る人はすごく依存的な状態になっていて主体的に生きていない。
できていない状態を目にした時
『私に何かできることはないだろうか?』
と問いかければいいとのことです。

そうすれば、景気のせいにも、マーケットのせいにも、取引先のせいにも、株主のせいにも、部下のせいにも、上司のせいにも、同僚のせいにも…する必要はなくなります。主語を“私”で話し、主体性のある行動をしていれば、常に、自由でいられます。JUST Free!
2009年11月17日23:57
嘘じゃなくこんなに勉強になった視察会は今までにありません。

尼崎ロボットテクニカルセンター
>>>ロボットのワンストップソリューションスポット。 勉強不足で、官の運営であると思っていましたが、完全に民−。 高丸工業さんなどが運営しています。社長のプレゼンで、産業用ロボットの現在と未来が分かりました。…一言でいうと「おもろい!」ロボットを考えるなら是非お勧めです。(段レス用パレタイザーなど面白いかも)
091117_1100

ハードロック工業株式会社
>>>若林社長には、いつもお世話になっています。社長のお話を聴いていると心が澄むのか、落ち着くのかすごくいい気分になります。「世の中の商品(A)は完成度60%ぐらい。全て組み合わせなので新しいアイデア(B)を組み合わせると全く違う(C)になる。だから、好奇心をもって毎日(B)を備蓄しておくことが重要だ!」
好奇心→アイデア→行動力→勇気&感謝
若林社長は、テレビにもよく出られていますし、各地でご講演もされています。是非オーラを感じてください!
続きを読む
2009年11月14日18:00
題名が気になり、見ました。
昭和の時代を必死に生き抜く人達の姿でした。
強さ、はかなさ、美しさ…生き抜く上で磨かれることなのだと思います。
最後に、2009年の街並みが映りますが、現代人は、当たり前に生きてるのではなく、今に感謝し生きること、力強く生きること、ゼロから始める勇気を持つこと、が必要なのだと感じました。

「愛だけを残せ」ゼロの焦点の主題歌です。
プロジェクトX(NHK)主題歌-「地上の星」を思い起こさせる歌声でした。
===================
愛だけを残せ 壊れない愛を
激流のような時の中で
愛だけを残せ 名さえも残さず
生命の証に 愛だけを残せ
===================

2009年11月13日23:56
●刺激に対して反応してはならない。選択の自由がある。スペースを空けよ。鍛えられる。
(7つの習慣著者・スティーブン・R. コヴィー氏)

●事実と感情は別。自分が辛く悲しい感情は、その現象を否定しているからであって、受け入れればどこにも辛さや悲しさは存在しない。
(小林正観氏)

●心が感じる感じ方で、この世は極楽にもなり、地獄にもなる。
(中村天風氏)

全て「反応の仕方・感情の問題について」言っています。あくまで、自分自身がコントロールできる部分についての提案です。先人の提案は素晴らしいですね。

出来事をコントロールすることはできません。神ではなないからです。出来事に意味づけするのは我々であって、出来事には何の意味もありません。しかし、反応をコントロールするのではなく、刺激をコントロールするという発想になれば悪い出来事・情報を見ないとするがあまり、いい出来事・情報も見えなくなります。(出来事にいい悪いはありませんが…)要は「不感症」になってしまいます。

あくまで、自分の領域でコントロールしましょう。
2009年11月12日18:40
940a7f16.jpg当社運営の新商品開発ドキュメンタリーサイト「テクノサミット〜ものづくりの挑人たち」で、株式会社アオキ 専務取締役 青木理 氏に取材させて頂いています。(実は、このインタビューは青木専務のメディアデビューです!)
3代目から見た“今までの夢(宇宙)”と3代目が語る“これからの夢”

このたび発売されました
『まいど!』
宇宙を呼びよせた町工場のおっちゃんの物語
著 者 株式会社アオキ 代表取締役社長 青木豊彦 
出版社 近代セールス社


の中で、専務(息子さん)のインタビュー記事を読んだ感想が書かれてありました。
「泣きました。うれしかった。社長としても、父親としても…」(P215)

私も、「世代交代」を経験した人間として、青木社長や専務の気持ちが痛いほど理解できました。とっても素敵なご家族です。

続きを読む
2009年11月09日22:50
セミナーで示唆に富む話を聴きました。

「△を3つ ○を3つ □を3つを書きなさい」


皆さんはどう描きます???
(私は「おでん」こんにゃく・卵・厚揚げでした。関係ありませんが。)

正解ないですよね。
それを上司は、『「指示に対して間違っている!」ということを言っていませんか?』ということでした。結構ドキッとします。ある程度自分の頭の中に描いた状況を正解だと思い、それと違うと“間違い”と指摘する。伝え方、指示の出し方のまずさに起因しているだけなのに…。

格言「間違いではなく、違いである」

その“違い”を認め合うこと、対話することに新しい可能性が出てきます。
2009年11月08日12:34
会社にとって悪い情報は、トップに早く伝わることが重要です。
それは、企業防衛の立場からという側面と悪い情報の中に将来に対する隠れた機会・チャンスがあるからです。
伝わらないのは、「怒られる」と思うからです。

全く逆なのは、自分で考えず、トップに判断を仰ごうとするケース。
これは、現場で処理すべき問題です。
結構「分からない」ので聞いておこうとするパターンです。
これは無難な逃避と甘えです。
自分で責任を取ろうとしていないだけです。
これでは、成長しません。「分からない」のはうそです。
うまくいっていない場合は“あれやこれや”やってみる他ありません。
基本的に答えはありません。
あらゆる決定は、一度やってみる仮説にすぎません。

2つの事例は、何が問題なのか。ポイントは、ひとつです。
“個人”から“超・挑の個人”として発想するだけです。
個人として、自分だけのことを考えるのではなく、チームはどうか、組織はどうか、会社はどうか、業界はどうか、世の中はどうか・・・
高所対処から考える、または、多角的に見る癖をつけることです。

ただし、コミュニケーションの問題は、受信者だけ、発信者だけという場合はありえません。交通事故と同じです。ですから、受信者側の問題も多くあることを肝に銘じなければなりません。

2009年11月07日12:30
今週信州まつもと空港・阿蘇くまもと空港・伊丹空港を利用しました。
091106_1413






松本には、JALのカウンターしかありませんでした。
松本から大阪・札幌・福岡。もしJALが撤退したら、55分で大阪まで行くことはできませんでした。すごいことです。
091106_1423


続きを読む
2009年11月06日12:21
不況だと言われている中、【伸びる会社の特徴】を観察しています。そして、その多くはトップの価値観・考え方に起因している場合が多いように思います。何となくですが、下記の5つに集約されそうな気がしています。

大きな目標を持っている。

常に新分野・新領域を開拓している。

特定分野で独自の存在意義を志向している。

人生を楽しむという遊び心も有している。

世のため、人のために事業をしている。


基本的に、「人生に対して貪欲である」です。
できるだけ“楽しんでやろう”と設計図を書いています。
悩み・苦しんでいる暇はなく、笑い・楽しんだ方が良さそうです。