[ 2009年08月 ]

2009年08月25日23:28
6a4f82c1.JPGハードロック工業株式会社若林社長のお話をお伺いしました。
いい言葉がたくさんあり、勉強させていただきました。
(有名なSL私も乗せていただきました!)

【日テレG+放送日】
2009年10月3日
2009年10月10日
2009年10月17日

【ものづくりの挑人たち】
2009年10月10日〜Webアップ(予定)

【内容】
新幹線や橋梁などの安全神話−。
海外では、ボルトやナットが緩むことが原因で起きてしまった不幸な事故も後を絶ちません。
東大阪にある一企業が「安全は威力」を具現化しています。

若林社長にお話しをお伺いすると…
続きを読む
2009年08月18日10:56
ソニー創業者・井深大氏が語ったリーダー論
『致知』2008年2月号より
特集「将の条件」

「(略)けれども自分を中心として、
上司、部下、同僚、関係団体……
その矢印の向きは常に上下左右なんです。

だから上司を動かせない人に
部下を動かすことはできません。

上司を動かせる人であって、
初めて部下を動かすことができ、
同僚や関係団体を動かせる人であって、
初めて物事を動かすことができるんです。

よきリーダーとはよきコミュニケーターであり、
人を動かす影響力を持った人を言うのではないでしょうか」


日本テクノロジーソリューション株式会社 会社案内サイト
 ▼日本初!新商品開発ドキュメンタリーサイト
 ▼新事業・新商品開発の立ち上げサポート
 ▼新商品パッケージ・シュリンク包装とは
 岡田耕治
続きを読む
2009年08月17日18:04
dbc7ff64.JPG東播磨ものづくり交流会―情報発信強めアピール
企業間で横の連携 地域活性化へ


東播磨ものづくり交流会のホームページがりニューアルされました。私たちもどんどん地域力を発信していきたいと思います!


2009年08月17日11:30
f88ded09.jpg東播磨ものづくり交流会からのBIGなお知らせ!!!
皆さま、是非ご参加ください!!!
ちなみに、パンフレットデザインは、
播州地域に縁が深い黒田官兵衛
をモチーフにしています。

播磨灘物語〈1〉 (講談社文庫)
クチコミを見る



■「東播磨ものづくり交流会セミナー」の開催

続きを読む
2009年08月15日23:57
ご存じキリン・FIREのフレーズ。
===================
その仕事に嘘はないか。
その言葉に嘘はないか。

私たちに課題は多い。
私たちに迷いは多い。
けれどその度に、この言葉に火をつけよう。

嘘は嫌いだ。
===================
自分に正直に、誠実に生きていけば、楽に生きていけます。
他人を欺こう(いい子でいよう・優秀なふりをしよう)として、最終的に自分を欺き大変しんどい生き方をしている人を散見します。
真面目な人ほどそうなります。「真面目より誠実に。」です。

少し大きく言うと、嘘がなくなれば戦争もなくなるような気がします。

追伸・このフレーズが好きなのは、商品コンセプトがそのまま私たちに伝わってくるからです。

===================
【KIRIN FIRE モノ作りの哲学】
私たちは変化を恐れない。
コーヒーへの真摯な気持ちという変わらないものがあるから。
時代とともに、お客様とともに、
私たちは変化する。進化する。

続きを読む
2009年08月14日18:28
fbd9f9af.jpgさて、これは何の商品を売っているPOPなのでしょうか?(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
POP広告(ポップこうこく、ピーオーピーこうこく)は「Point of purchase advertising」の頭文字を取った略語で、主に商店などに用いられる販売促進のための広告媒体である)

化粧品のPOPだと思われたかもしれませんが、「イヤホン」でした。
「おしゃれの一環で使ってね」というメッセージなのでしょうか…。
パッケージなどはまさに化粧品のようです。成果は分かりませんが、【他から学ぶ】姿勢はいいですね。

参考URL


日本テクノロジーソリューション株式会社 会社案内サイト
 ▼日本初!新商品開発ドキュメンタリーサイト
 ▼新事業・新商品開発の立ち上げサポート
 ▼新商品パッケージ・シュリンク包装とは
 岡田耕治
2009年08月13日23:28
87066868.jpg【現場】を見れば【経営】が分かる…。
優良企業の条件=外部環境×[戦略×組織×リーダーシップ]
優良企業の条件
◎外部環境にあった戦略があるか。
◎戦略にあった組織になっているか。
◎組織にあったリーダーシップか。
上記が「経営力」とすると、もうひとつ重要ファクターは「現場力」です。「現場力」が落ちてくると将来的に必ず「経営力」が落ちてきます。

約二年前、TDLの「現場力」の低下を指摘しましたが、まだまだ勢いは止まりません。「経営力」が勝っていると思います。あるいは現在は「サービスの踊り場」といえる状態なのかもしれません。

本日、USJに行きました。(前回オープン当初)
そしてまた、驚きがありました。勉強になります。
前回「表面上(ハードのみ)TDLを真似してみましたができませんでした…。」今回「頑張ってまねる(真似る)ことによって学んでいます。」
てな感じでした。何かが変わっている…。

調べると…「株主構成」が変わっていました。

続きを読む
2009年08月12日18:18
社内営業研修を行いました。
研修は、「いい話を聞いた」で終わると何もなりません。今まで実際に経験した“原体験”とのリンクを図り、今後に活かすことがポイントです。キーワードは“行動変容”“意識改革”です。
手前味噌ですが、3倍速で成長しています。

■営業サイクルとバランス
・種まき(リストアップ・アポイント)
・培養(初回訪問〜シナリオ作成)
・刈取(クロージング)
バランスがとれているか。
意思(WILL)が働き、時間管理・行動管理ができているか?
〜忙しいのか?混乱しているのか?
〜主導権はこちらか?あちらか?

■営業力を上げるポイント
営業力とは、人間力(主)×商品力×営業スキル(従)
お客さんが喜ぶポイントを探す
商品(自社)と市場(顧客)の情報交換
真の欲求(裏の欲求)は何か?好奇心が全てを支える。

■営業の極意
道を切り開くのは自信と勇気だ。
「40%出来ている」も「60%出来ていない」も同じ意味。
引き寄せの法則。経験したくないこともイメージすることで現実になる。


日本テクノロジーソリューション株式会社 会社案内サイト
2009年08月05日20:59
製品・技術のPR 新製品開発 販路拡大
【ビジネスマッチングフェア in 加古川】
掛け算のビジネスへ

出展しました!

新規スキャン-20090703211216-00001

続きを読む
2009年08月04日12:28
2a932610.jpgお客さんは、大きく分けて視覚 聴覚 触覚など感覚を使ってコミュニケーションをしています。お客さんはどの感覚を使用しているのか、どうやってお客さんの周波数に合わせるかポイントです。触覚は、展示会などで実感してもらうのもひとつですが実際のサンプルなどを持ち込むのもひとつの方法です。今日はその体験をしました。

当社企画運営のテクノサミット〜ものづくりの挑人たちは、第三者的視点で商品をPRする方法をお伝えしています。そして視覚や聴覚を刺激しています。【聴覚】 分かりやすいりードやキーワードや物語で印象に残します。【視覚】 トップマネジメントや開発者や営業責任者の方々のインタビュー中心に行っています。

商品・ひと・物語−。

■参考URL


日本テクノロジーソリューション株式会社 会社案内サイト
 ▼日本初!新商品開発ドキュメンタリーサイト
 ▼新事業・新商品開発の立ち上げサポート
 ▼新商品パッケージ・シュリンク包装とは
 岡田耕治

2009年08月01日23:28
e112e8f0.jpg「自分でなりたい自分になれるとしたら…」楽だと思いませんか。

パイロットのように考え
パイロットのように感じ
パイロットのように行動すれば
あなたはパイロットになれる。

これが真実です。

物事は、守・破・離・創の段階があるといわれます。
まずは、行動部分。つまり型から学ぶ必要があるということです。
そこで、高橋美緒さんとのコラボレーション・シリーズ研修です。

剣道4段でもある高橋さんは『道※とつく武芸は、すべて「型」からはいる。そして、有段者になるには「心」が必要である』
(※武道 - 剣道・柔道・弓道など/芸道 - 茶道・華道・書道など)
とおっしゃいます。

自分に安っぽい見切りをつけない、欲張りな生き方をしたいものです。
人はみな「できる子」です。

日本テクノロジーソリューション株式会社 会社案内サイト