[ 2009年05月 ]

2009年05月24日19:49

NHKで朝7:00〜15分間の番組があります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ものうげな表情をしたマリオネット人形が、
世の中にあるけど
「はっきりと決まりがないもの」、
「見方によって解釈が色々と異なるもの」
を鋭く歌いあげます。
「メロンってどこま でが実?」
「シマウマの縞って黒地に白がのってるの? 白地に黒がのってるの?」など。
NHKホームページより。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
クイズだと思い、色々考えていたら…

そしてギターを持ったマリオネット(ハジメくんという)が
答えはない 答えはない 見方が変われば 色々
と短調のメロディにのせて歌うのです。

子供番組だとは思えない深さがあります。
結構、耳に残りますよ。何かに迷えば、お気軽に…

日本テクノロジーソリューション株式会社 会社案内サイト
 ▼日本初!新商品開発ドキュメンタリーサイト
 ▼新事業・新商品開発の立ち上げサポート
 ▼新商品パッケージ・シュリンク包装とは
 岡田耕治
2009年05月22日10:50
理想の結婚相手は?
「真面目で誠実な人です…」

ある本に、「真面目より誠実に生きろ」とありました。

真面目とは、道徳的に解釈されることが多く、表面的な行動で(他人に)判断されがち。誠実とは、内面の問題。見た目の印象など関係がない。自分で決めた信念を守り抜こうとする姿勢。

要約すると…
●真面目 判断・他人/視点・表面
●誠実  判断・自分/視点・内面

随分違いますね。

世の中、真面目な人は増えたと思いますが、誠実な人は逆に減っていると思います。
不真面目でも誠実に生きたいと思います。

追記
レッドクリフPart供殘ね茲悗虜能決戦−での小喬の言葉
80万対5万の体制の中で
「信念があれば希望が生まれます」

日本テクノロジーソリューション株式会社 会社案内サイト
 ▼日本初!新商品開発ドキュメンタリーサイト
 ▼新事業・新商品開発の立ち上げサポート
 ▼新商品パッケージ・シュリンク包装とは
 岡田耕治
2009年05月17日23:58
0fada409.jpg中小企業技術紹介の動画サイト:近畿経産局が開設、好評

(記事全文)
 中小企業の技術力を紹介する動画サイトを近畿経済産業局が独自に開設したところ、2カ月で4社が新たな取引相手を獲得した。パンフレットなど静止画では伝わらない独創的な技術を動画で“魅せる”システムが「分かりやすい」と好評で、中小企業の新たな販路開拓ルートになりそうだ。

 登録企業は、環境緑化技術の大林環境技術研究所(滋賀県安土町)、給排水機材製造のオーミヤ(東大阪市)など関西の中小企業16社。社長が自ら出演して自社の技術などを約1分間で解説し、興味を持った企業が直接商談できる。英語版もあり、海外の企業にも情報発信している。

続きを読む
2009年05月17日08:17
YOMIURI ONLINEより
=============================
CMの6割、視聴者の心に届かず…好評価トップ「白戸家」
2008年4月から09年3月までの1年間に流されたテレビCM1万7765作品のうち、約6割が視聴者の印象にほとんど残っていないことが、民間調査会社「CM総合研究所」(東京・港区の調査でわかった。

調査は、関東地方に住む6〜89歳の男女計3000人に毎月、筆記式アンケートを実施。印象や好感を持ったCMを最大五つまで記入してもらった。その結果、CMを出した2019社中、777社のCM1万147作品は全く記載されなかった。その中には、一つの商品のCMに最大3億円以上を費やした企業が3社あったほか、年間に最大で905回流していた企業もあった。一方、最も優れたCM評価を得た企業は「白戸家シリーズ」のソフトバンク、「BOSS」などのサントリー、任天堂の順だった。

同研究所の関根建男代表は「名のあるタレントやクリエイターを使えば意識に残るというわけではない。CMと販売には関連性があり、印象に残らないCMは企業に貢献せず、日本経済のロスですらある」としている。
=============================
全く同感です。
実は、新商品開発のお手伝いの中で、テレビCMを行った経験があります。素晴らしくきれいにできているのですが、反応はいまいち。サイトのアクセス数が多少上がっただけでした。
特に、新商品(まだ認知がない商品)は、開発の裏側をそのまま語った方がインパクトがあるのではないかと立ち上げたのが、
新商品開発ドキュメンタリー、ものづくりの挑人たち−。

私たち、ストーリーテラー(storyteller)が、開発の裏側を直接伝えます。商品仕様を差別化する時代は終わり、開発物語・思いを差別化する時代に入っています。
2009年05月15日23:28
プライベートブランド(PB)とナショナルブランド(NB)。

今、話題のPB商品―。
確かに安いですよね。販売会社(PB商品ブランドオーナー)と消費者はいいですね。CMでも消費者のために闘っているというかっこいいメッセージがよく聞こえてきます。

その昔、近江商人は言いました。
「商売は、三方よし」でないといけない。
有名な「売ってよし、買ってよし、社会よし」です。
PB商品は三方よしなのでしょうか?

メーカーにお邪魔すると呆れた実態が浮き彫りになります。
*PB商品向製造ライン初期投資(イニシャルコスト)は全てメーカー。
*値引きもメーカー相談なく断行。(値下げは折半)
*間接資本(銀行借り入れ)で設備投資しているので赤字でも回転させる必要があるために泣く泣く値引き要請も受け入れ。
*今まで何十年取引していても、価格のみで取引停止。
*減価償却8年〜10年は身動きがとれない。

何か、実際に商品を提供しているメーカーだけが、リスクをとっているようです。これはうがった見方でしょうか?
将来的には、社会もおかしくなってくるような気がします。

メーカーと流通。アームスレングスの取引がいいですね―。
現代は、バイイング・パワーが強すぎるような気がします。

【参考ホーム―ページ】
デイモン ワールドワイド ジャパン インク

2009年05月11日18:03
今から10年前の1999年5月11日17時46分−。
先代社長が亡くなりました。
私が30歳の時です。今日のように天気がいい日でした。
10年ひと昔といいますが、早いものです。

1999年当時、大手電機メーカーの下請け業務が8〜9割の会社でした。ほとんどが、ブラウン管の検査装置の設計・製作です。まず、2年は足場を固める作業に徹しがら、ブラウン管の「検査装置」設計・製作を武器に液晶・プラズマの「検査装置」などを模索しました。が、韓国・台湾勢との競争が激しかったので新たな分野開発の必要性を感じました。(消極的な意思決定を積極的にしました)

そして2001年から設立20周年を機に会社の自立化を目指しました。今までの技術力を棚卸し、自社ブランド商品開発と市場開発を行いました。2001年〜2002年にかけて会社としてもメーカーへの脱皮が大変な時期でしたが、社員の方々が踏ん張り、意思を持っていたおかげで難局を乗り越えることができました。その後、2003年から2年間、大阪市立大学大学院創造都市研究科アントレプレナーシップ研究分野に学び、2005年からMOTスクール講師、日本でも有数な工業地帯である兵庫県東播磨地域(たこや135度線日本標準時間で有名な明石。結婚式で「高砂や〜」で言われる高砂などなど」の東播磨ものづくり交流会の会長などを務めさせて頂いています。

続きを読む
2009年05月06日09:30
5月5日読売新聞朝刊にこんな記事がありました。
「定番の味」不況知らず
消費者に安心感

■40年以上売れているロングセラー商品■
三ツ矢サイダー1884 アサヒ飲料
グリコ(キャラメル)1922 グリコ
ミルクチョコレート1926 明治製菓
お茶漬け海苔1952 永谷園
チキンラーメン1958 日清食品
バーモンドカレー1963 ハウス食品
かっぱえびせん1964 カルビー

が紹介されていました。

ロングセラー商品は、消費者は当然ですが、何よりも作り手の方々に愛されているということだと思います。
【挑人−ものづくりの挑人たち−新商品開発ドキュメンタリーサイト】
で取材させて頂いた時も皆さん商品に対する愛情たっぷりでした。

▼▼▼
大塚食品「ボンカレー」
オリバーソース「オリバー復刻版とんかつソース」
マロニー「マロニー」
一度、ご覧ください。

日本テクノロジーソリューション株式会社 会社案内サイト
 ▼日本初!新商品開発ドキュメンタリーサイト
 ▼新事業・新商品開発の立ち上げサポート
 ▼新商品パッケージ・シュリンク包装とは
2009年05月05日20:53
msn相談箱にこんな質問と回答がありました。

===============================
Q 中学生向けのものづくりの本
中学生にもわかる絵や図などでわかりやすい本やサイトを教えて下さい。将来はものづくりの職に就きたいと思ってます。
A 
◆http://choujin.jp/
挑人 - ものづくりの挑人たち - 新商品開発ドキュメンタリーサイト
◆http://www.zenkoukyo.or.jp/
動画
◆http://www.asahi-net.or.jp/~fd8t-kkc/
上のサイトに動画もあり分かりやすいです。
中学生でも十分にわかると思います。
===============================

当社運営の「ものづくりの挑人たち」が紹介されていました。
13歳からのハローワークではないですが、中学生・高校生に、「日本のものづくり企業もおもしろい!」・「挑戦してる人ってかっこいい!」と感じてもらえればと思っています。そして、将来、主体的に生きることを選択していってもらいたいと思っています。

これからもどんどん面白企業・面白人物が登場します!ご期待下さい。


日本テクノロジーソリューション株式会社 会社案内サイト
 ▼日本初!新商品開発ドキュメンタリーサイト
 ▼新事業・新商品開発の立ち上げサポート
 ▼新商品パッケージ・シュリンク包装とは
2009年05月02日08:43
2010年度の新卒採用面接での感想‐。

「座右の銘はありますか?」
「座右の銘はないのですが好きな言葉であれば、あります」
その言葉に少し違和感を感じます。

座右の銘とは「常に自分の心に留めておいて、戒めや励ましとする言葉」です。何か“凛とした強さ”を感じないのはそのためではないかと思えます。
話は変わりますが、高野山に初めて行った時に「同行二人」(どうぎょうににん)という言葉を知りました。「同行二人」とは、四国八十八箇所の霊場めぐりのお遍路さんたちにはいつでも空海(弘法大師)がついて一緒に歩いてくれているということだそうです。

座右の銘とは、私たちにとって空海(弘法大師)さんのような存在ではないかと思うのです。「座右の銘がない」とは、一人で歩いている、生きているように感じます。
何か寂しく、辛く、一人で背負いこんでいるかのようです。
人間、ひとりではありません。
芯・軸を入れていく作業が必要ではないでしょうか。

私の座右の銘は【禍福は糾える縄の如し】です。


<参考・Yahoo!知恵袋から抜粋>
座右の銘
座右の銘
座右の銘にしたい名言集
座右の銘ミュージアム
座右の銘.com