[ 2009年04月 ]

2009年04月27日23:01
元気なモノ作り中小企業300社「キラリと光るモノ作り小規模企業」に選定されました。

身近な商品の裏方である生産設備のものづくり企業であるとともに、「優れた技術を優れたビジネスに」を合言葉に、ものづくり企業のマーケティングや営業活動をサポートしている点を評価して頂いたものと思っています。

設立20周年を契機に、下請けからの脱却を目指し、自社ブランド商品を立ち上げ、新商品開発に挑戦する企業をサポートしていく過程の中で、様々な方々にお世話になりました。本当に皆様のお陰がなければ、絶対に少ない人数で事業を立ち上げていくことなど出来てこなかったと思っています。現在に甘んじることなく将来を見据え、志を高く邁進する所存です。

今後ともご指導・ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

日本テクノロジーソリューション株式会社 会社案内サイト
 ▼日本初!新商品開発ドキュメンタリーサイト
 ▼新事業・新商品開発の立ち上げサポート
 ▼新商品パッケージ・シュリンク包装とは
 岡田耕治

2009年04月22日17:28
本日、近畿経済産業局プレス発表に実証事例として参加させていただきました。
↓↓↓
動画で探す!中小企業の光る『技』〜価値ある技が確かに見つかる〜 動画販路開拓実証実験ブログの中間報告

動画は、自社商品をPRするのに非常に有効です。
今回の動画は、社内デモ機ですが、これからお客様の生産設備の中で活躍する装置をご覧いただこうと思っています。そして、英語のテロップで、海外発信も致します。

ご期待下さいませ!

新商品パッケージ・シュリンク包装とは
2009年04月21日13:21
少し氣づきがありました。

【戦い】
頑張って力づくで抑え込んでしまう。病気でも同じ。
VS構造をつくり互いに大変。WIN―LOSE

【冒険】
全てのことは、冒険の中での過程(プロセス)―。
偶然などない。感謝できる。WIN―WIN


人生は戦いではなく、素晴らしい冒険です。

2009年04月18日12:02
2009年3月16日日本経済新聞
リクルート/新人事考課シート導入
数値目標より「意思」重視
□受け身の姿勢目立ち危機感
□面談2回「思い」を聞く
□育成計画作り成長促す

「私の目標は何ですか?決めてくれたらやりますから」と聞いてくる社員が増えてきた…のが新人事考課シート(WILLシート)の導入の背景だそうです。

当社の社員が「自分が私の人生の主役。社長も脇役!」と言いました。本当にその通りだと思います。「自分の人生の道を歩いている人」が力を合わせれば大抵のことはできると思います。

学生と社会人の徹底的な違いは【目標の概念】です。

学生は「目標達成型」になれています。
科目科目のカテゴリーに対して100点をめざすわけです。ここでは、正解はひとつです。

社会人は「目標模索型」です。
自分の使命を探し、アイデンティティを明確にし、ビジョンを構築する。
ビジョンに基づいて行動するので、明確なWILLがあるわけです。正解は当然ですがひとつではありません。目標(答え)は自分で決めれるのです。自分らしさを100%表現すればいいのです。そこに人の評価はありません。明確な意思・意思があれば、全てが経験であり学びであり、そのには失敗はありません。だからやればやるほど力がついてくるという仕組みです。

目標に縛られずに楽しくやるコツです。御参考まで。
2009年04月14日08:34
西日本高速道路会長石田孝氏のインタビュー記事の中で、下記のような一文がありました。
「SA/PAの改革の中で、トイレをよくすることから手掛けていきました。
いわゆる公園の公衆便所のイメージから脱却して、清潔度をデパート以上にすることを目標に掲げたのです…」

まさしく、これが目標設定であり、どこを基準にするかで、結果がまるで違います。

●公園の公衆便所
●百貨店のトイレ
●高級ホテルのトイレ

理想を掲げ、目標をストレッチしていけばいいだけです。

7つの習慣で有名なスティーブン・R. コヴィーいわく、
「人生は2度創られる。はじめは頭の中での設計図(イメージ)で、2度目が実際の世界だ」どうせなら、はじめから理想の目標を掲げた方が得だと思いませんか?

日本テクノロジーソリューション株式会社 会社案内サイト
 ▼日本初!新商品開発ドキュメンタリーサイト
 ▼新事業・新商品開発の立ち上げサポート
 ▼新商品パッケージ・シュリンク包装とは
 岡田耕治
2009年04月12日23:28
fd199fee.jpg生れし時に
この道知らずとも
この道を歩み
幾年月ぞ
今日涙して
明日又
笑おうぞ
美空ひばり
2009年04月07日16:08
【特徴・利点・利益】

技術系企業の製品には、素晴らしい【特徴・利点】があります。
しかしながら、想定するお客さんの【利益】を謳っているケースが少ないことが気になります。

お客様の利益とは…
−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ’箴綛發離▲奪廚砲弔覆るか
◆.灰好肇瀬Ε鵑砲弔覆るか
 利益のアップにつながるか
−−−−−−−−−−−−−−−−−−

のどちらかです。
どれかに寄与できれば、必ず商品は売れます。

自社のテクノロジー(科学技術)を顧客のソリューション(問題解決)につなげるお手伝いをしております。

[事例]
今日、オフィスグリコさんにお邪魔しました。
「当社は、会社・オフィスにお菓子を販売しているではなく、リフレッシュメントの提供によって、業務の効率化を図るお手伝いをしています!」
そんな言葉が印象的でした。

日本テクノロジーソリューション株式会社 会社案内サイト
 ▼日本初!新商品開発ドキュメンタリーサイト
 ▼新事業・新商品開発の立ち上げサポート
 ▼新商品パッケージ・シュリンク包装とは
 岡田耕治
2009年04月05日16:27
宝石のようなチョコレートとチョコレートのような宝石。

宝石の売り方をまねたチョコレート―。
豪華に見えるし、おいしそうですね。
一箱 1,520円
090405_1501


エミール・ベッカー社製の宝石彫刻―。
見た目本当にチョコレート!
一個 78,000円
090405_1351



続きを読む
2009年04月04日23:03
唐突ですが…
「4月15日夜8:00まで丼・定食どれでも50円引き!」
(吉野家CMより)

50円引きに驚いたのではなくて、最後のキャッチフレーズに驚きました。
「うまっ!やすっ!はやっ!にこっ!」

今まで、吉野屋さんの企業メッセージは、
「うまい、やすい、はやい」。
(創業当時は「はやい、うまい、やすい」だったようですが)
+にこっがついているのです。

日本のマネジメントの変遷が吉野屋さんのキーワードで学習できます。
【やすっ!】(コスト:C)
1950年代〜 戦後復興期「安かろう悪かろう」造れば売れる時代。安く造ることに注力。
【うまっ!】(品質:Q)
1960年代〜 「より良いものをより安く」標準化し大量生産で品質の良いものを。
1970年代〜 高度成長期 販売力&おまけ・付録 「ニッセイ」「グリコのおまけ」など。
【はやっ!】(納期・デリバリー:D)
1980年代〜 安定成長期 個性化→多品種小ロット生産。個別対応。
1990年代〜 スピード対応や24時間営業など時間のサービス面での差別化。

そして、21世紀に入り、確実に環境は変わりました。
続きを読む
2009年04月01日23:28
57768cc7.JPG本日、2009年度の入社式及び歓迎会を行いました。未曾有の好景気だったために“引く手あまた”の状態だった中で【日本テクノロジーソリューション】への入社を決断されました。その勇氣に敬意を表します。

今回は、既存社員そして2008年度入社の新卒1期生が歓迎会を盛り上げてくれました!全員で盛り上げていい会社にしていきましょう!

新入社員の方へ。
今年はひとつのメッセージを送ります。
「なりたい自分になれる」と自分が信じること。

続きを読む