[ 2009年02月 ]

2009年02月27日19:22
平成13年度から2年間活用した兵庫県の先進的中小企業新分野進出支援事業費補助事業の終了後、積極的に展開した結果、おかげ様で、2月27日に県に全額納付することができました。開発当初での補助金・助成金は、金銭面だけではなく、精神面でもありがたかったことを覚えています。

新規事業開発の際に、補助金・助成金で受け取るだけではなく、きっちりと事業化できれば返納するシステムであれば、企業にとっては、リスクヘッジにもチャレンジのトリガーにもなりえます。

ありがとうございました

日本テクノロジーソリューション株式会社 会社案内サイト
 ▼日本初!新商品開発ドキュメンタリーサイト
 ▼新事業・新商品開発の立ち上げサポート
 ▼新商品パッケージ・シュリンク包装とは
 岡田耕治
2009年02月20日17:10
8ef93b7e.jpg「福沢諭吉 心訓」
トイレで発見シリーズ。


--------------------------------------------------------------- 
世の中で一番楽しく立派なことは、一生涯を貫く仕事を持つこと
世の中で一番惨めなことは、教養のないこと
世の中で一番寂しいことは、仕事のないこと
世の中で一番醜いことは、他人の生活を羨むこと
世の中で一番尊いことは、人のために奉仕して決して恩に着せぬこと
世の中で一番美しいことは、全てのものに愛情を持つこと
世の中で一番悲しいは、嘘をつくこと
---------------------------------------------------------------
楽しくて立派なことは、一生涯を貫く仕事を持つこと。
尊いことは、人のために奉仕すること。
美しいことは、全てのものに愛情を持つこと。
・・・

正しい言葉や文章は、本当にいいですね。
2009年02月19日21:55
今日、お客様に教えていただきました。

オーギュスト・ヴィリエ・ド・リラダン著 『サンチマンタリスム』
の中の言葉のようです。御参考まで。

===================
「女にもいるとは思わなかった」
「はん?」
「紳士の条件というのを知ってるか」
「いやなんだい?」

 挙措(きょそ)において簡素
 言語において細心
 熱狂において慎重
 絶望において堅忍(けんにん)

===================

男の美学は我慢です。
2009年02月11日22:22
7586118d.jpg動画で探す!中小企業の光る『技』
〜価値ある技が確かに見つかる〜


動画販路開拓実証実験(ビデオキャスティングBlog)が開始しました。
経済産業省 近畿経済産業局 
(09/2/7:ビデオキャスティングBlog)

『広告宣伝に莫大な費用をかけたり十分な営業人材を抱えたりすることが難しい中小・ベンチャー企業にとって、優れた技術や製品を開発してもプロモーションが不十分であり「販路開拓」はもっとも重要な課題となっています。
(中略)
そこで、映像配信を活用した販路開拓の有効性を検証し、新たな販路開拓等の支援方策について検討を行うために、実証実験ブログを開設いたしました。』

ということで、日本テクノロジーソリューションも実証実験ブログに参加しています。是非是非ご覧下さい。

続きを読む
2009年02月10日08:50
議論が中心のフォーラム(CSRリンクアップフォーラム)でした。CSRとは、Corporate Social Responsibilityの頭文字をとった表現で、「企業の社会的責任」と言われます。私は、事業そのものが企業の社会的責任であって、正しいことを行うことが正にCSRそのものであると考えています。CSRと言えば、環境・ボランティア活動に直結するのはいかがなものか、業績が下がればトーンも下がるのもどうかと思っていました。CSRの本質を議論できるこの会は、本当に素晴らしいと思います。

今回、フォーラムに参加させて頂いて、お集りの大企業・中小企業・NPO・行政など様々の立場の方々とやりとりしました。
「20世紀の効率社会では、優秀な企業に人が集まって、効率的な組織運営が求められていたが、21世紀の創造社会では、優秀な人が企業に集まって、個人の才能が開花し、各個人の生きがいや人生目標追求することによって企業が成長する」を確信しました。

重徳さん(総務省)
小川さん(パナソニック)
新田さん(NPOセンター)
などなど魅力的な方々が多かったです。

日本もまだまだこれからです。

日本テクノロジーソリューション株式会社 会社案内サイト
 ▼日本初!新商品開発ドキュメンタリーサイト
 ▼新事業・新商品開発の立ち上げサポート
 ▼新商品パッケージ・シュリンク包装とは
 岡田耕治

2009年02月07日23:28
名  称:経営人材養成基礎講座
対  象:個人:職業上の大きな転機にある方
 法人:戦略転換の必要性がある企業
日  程:第3回(2009年1月開講)※大阪会場
集合研修:2009年1月10日, 1月24日, 2月7日, 2月21日, 3月7日
個人学習:約2ヶ月間のインターネットを使ったe-Learning
会  場:タイリンビル AAホール3番館
    ※御堂筋線「淀屋橋駅」「本町」6分/堺筋線「北浜駅」2分

当社、コラボレーションパートナー株式会社ドラゴン・ラボラトリーズ “初”の大阪公開コースです。ロジカルとエモーショナルの双方を学べるコースになっています。圧巻なのは、e-Learningでの日々の課題。学ぶ気持ちさえあれば学習効果絶大です。

2月7日PMは、高橋美緒先生のEQセミナーでした。経営者層はF/B(フィードバック)が少なくなりますから特に必要かもしれません。コミュニケーション能力は、上から下まですべて必要です。心の知能指数をあげたいものです。

◆EQとは、「Emotional Intelligence=情動知能」の略。本来は「EI」ですが、知的能力を示す「IQ(Intelligence Quotient=知能指数)との比較から「EQ=心の知能指数」と言われています。


日本テクノロジーソリューション株式会社 会社案内サイト
 ▼日本初!新商品開発ドキュメンタリーサイト
 ▼新事業・新商品開発の立ち上げサポート
 ▼新商品パッケージ・シュリンク包装とは
 岡田耕治
2009年02月05日23:28
Hot Pepper元事業部長 平尾勇司 氏のお話しを聞きました。
全国各地のコンビニ店や駅での無料配布が受け、売上げ300億円、営業利益100億円の事業に育っています。
戦略策定・組織作り・リーダーシップのあり方…数多く役に立つ話がありましたが、その中から「念仏を唱える」という話をご紹介します。
『親鸞が「南無阿弥陀仏」で衆生が浄土に往生するといったように、分かりやすい念仏が必要だ!』
*どんな市場を狙うのか。
*どんな商品を売るのか。
*どのようにそれらを繋げるか、そのために何をするか。
それらを念仏のように唱えていくというものです。

営業活動で“あれやこれや”発想することはとても大事ですが、焦点化することも大事です。各企業で「念仏づくり」をお勧めします!

Hot Pepperミラクル・ストーリー―リクルート式「楽しい事業」のつくり方Hot Pepperミラクル・ストーリー―リクルート式「楽しい事業」のつくり方
著者:平尾 勇司
販売元:東洋経済新報社
発売日:2008-05
おすすめ度:4.5
クチコミを見る


日本テクノロジーソリューション株式会社 会社案内サイト続きを読む
2009年02月04日23:28
リーダーとマネジャー
2008年3月12日ブログメモより

現在の環境下で、早期に次世代リーダー育成していきたい企業が増加しています。リーダーとは、【自分の頭で考えて、感じ、行動できる人材】のことをいいます。

何故なのでしょうか?

高度成長期・安定成長期に成長してきた企業は、ほどんどの場合、社長のリーダーシップが効果的に発揮されていました。右肩上がりで経済成長・安定成長してきたとはいえ、“経験と勘と度胸”で経営の舵取りをし難局を乗り切ってこられたと思います。この世代の方々が、日本経済を牽引してきたことは間違いありません。本当に尊敬します。
そして、日本ではバブル景気がはじけました。「失われた10年」といわれる、1991年頃から2002年頃或いは2003年頃までの約11年から12年の期間のつけが今回ってきていると考えます。91年入社の方で40歳、2003年入社の方で28歳ぐらいでしょうか。実力・成果主義がもてはやされ、チームではなく、個人に焦点があたった時代です。人事制度面の改革がなされ、30代の方々は、教育投資が十分にされていません。部下・後輩も少なく、部分の仕事(作業)が多く、仕事や人のマネジメントをしてこなかったと思われます。
短期的にみるとそれも“是”とし、一見、日本経済が復活したかのように見えていました。

続きを読む
2009年02月03日23:28
目標設定の仕方がいいかげんだと、結果もいいかげんになります。服を着るとき、上から順番にボタンをかけていくように、目標設定は、ビジネス活動における最初の一歩です。慎重かつ大胆に一度、将来を描いてみてください。
==========================
背骨を入れる。

何故働くのか。

●Mission(使命)
●Value(価値観)
●Vision(ビジョン)
●Strategy(戦略・方向性)
●Development(開発)

Corporate(会社方針)とPersonal(人生目標)から考え双方のリンクを図ります。

何のために働くのか。何が嬉しいのか。
何が面白いのか。何が喜びなのか。
何故あなたは頑張れる(顔晴れる)のか。

このあたりがオープンに答えることができれば、基本的には8割型OKです。

具現化していく。

続きを読む