[ 2007年03月 ]

2007年03月28日21:44
14bb34ba.jpg第51回スズキ・メソードのグランドコンサートに行きました。3000名の子供たちによるクラシックコンサートです。しかし、単なるクラシックコンサートではありませんでした。
3000名の子供達の愛を見ました。宇宙を見ました。美しかったです。3000名だけではありません。日本武道館に集まった方々(家族・親族・先生・お客さん・・・)の愛情。そして、何よりも創始者である故:鈴木鎮一先生の愛が溢れていました。
涙が出ました。

『愛に生きる−才能は生まれつきではない』

鈴木先生の志が垣間見れた瞬間でした。ありがとうございました。
2007年03月22日23:28
f727f7b2.jpg営業とはその気にさせることである。
この場合の気は、氣と書く。病気と元氣。元氣なときは、エネルギーが一点から八方へ飛び出している。人をその氣にさせることは、氣(エネルギー)がないととできない。氣(エネルギー)を持ってない人は、人を動かすことが出来ない。優秀営業パーソンしか氣(エネルギー)を持っていないのか。違う。すべての人間は、誰しも必ずエネルギーを持っている。発揮の方法を学んでいないだけなのである。

クライアントがその氣になっている目安は何か。ラポール(心の架け橋)がかかっているかどうかである。その目安は会話量である。質問の多さである。その氣になれば、先方から、『売って欲しい。』『買いたい。』という。[参照]
2007年03月21日23:28
eafa2b2a.jpg当社では、[春分の日]と[秋分の日]に半期目標設定会議を設けています。
主なテーマは半期の振り返りと次期への目標設定です。会社目標→部門(チーム)目標→個人目標へと続きます。丸一日かけてじっくり議論し、半年先のイメージを共有化していきます。『人生は2度創られる。』思考の部分と現実の部分です。2007年9月23日が今から楽しみです。
さて、今回、その中で“合理化”についての話がでました。
私は、『世間の理屈(常識)に合わせて化けることである。』と定義しました。世間の常識に対しても常に疑いの目をもって望むようにいいました。決して世間の理屈に合わせて化けることのないように・・・。
続きを読む
2007年03月20日23:47
835dfca3.jpgグリコが提供する、オフィス向けに提供するリフレッシュメント。

97年挑人は、立ち上がった。
スーパー・コンビ二・ドラックストアー・ホームセンター・・・と市場が広がる中でメーカーとしてやらなくてはならないことをするために。
千差万別の人にヒアリングし、約2割がオフィスで食べられていることを発見した。コンセプトは、リフレッシュメント。キーワードは、ホッとする時間・リラックス・腹持ち・ストレス解消・・・だ。

当初訪問方式だった。大阪第一ビルからのスタートだ。
100件回って60件は
「来てもいいよ。(来なくてもいいよ。)」
空しかった。2時間タバコをふかしながら黙って考えた。
『箱置きだ。』
リフレッシュボックス誕生の瞬間だ!
続きを読む
2007年03月14日12:13
「事業は思想、価値観の実践であり表現である」――。
 今年2月27日、京セラの梅村正廣副会長は証券会社主催の投資家向け説明会の場で、創業者の稲盛和夫名誉会長の言葉を紹介した。そして、こう続けた。 「ただ単に儲かりそうだからという理由だけで参入した事業は、いずれ行き詰まる。京セラでは、事業の意義を徹底的に突き詰めて考える。これが、高収益を達成し続けてきた一番の要因であり、今後も引き継がれるべき京セラのDNAである」・・・
NB ONLINE 2007年3月14日号より】
新規事業の成功の要因はここにあると思う。
多くの企業にインタビュー調査でお邪魔し、“成功の要因”をお聴きすると「(事業の意義を感じて)やめなかっただけ。(諦めなかっただけ)」と答えられるケースが多い。本質はこのあたりにある。
2007年03月06日10:00
当社のソリューションコンセプトは、“『優れた技術』を『優れたビジネス』に。”です。優れた技術を棚卸しながら、新規事業・新商品開発を進めます。“無から有を生み出す喜び”を共に味わいませんか?

下記、エン・ジャパン株式会社【35ワードのラブレター】より。
「優れた技術」を「優れたビジネス」にしよう。
日本が世界に誇れるもの―。そのひとつにモノづくりにおける「技術力」の高さがあります。しかし高い技術力や開発力を有していながら、それをどのように世の中へ発信し、どのような企業に提供していけば、さらなる業績向上につながるのかノウハウを持っていない企業は少なくありません。実は今回のラブレターの送り主である企業もそうでした。現在では、独自の技術を生かして新しいマーケットに進出した経験とノウハウをもとに他社にコンサルティングを行っています。短いながらも、このキャッチコピーは“ビジネスの独自性”と、「こんなコンサルティングもあるんだ」
と学生に“気づき”を与えています。
2007年03月04日12:00
【人から頼まれごとごとをした時の2種類の反応】
楽しんでやる。最高を目指す。少しでも良くしようとする。
期待された以上のことを返そうとする。
いやいやする。少しでも手をぬこうとする。
ある程度で終わらせようとする。

どちらの道を選択するかで、人生が変わってくるのではないでしょうか。
『頼まれごとは試されごとである。』