[ 2006年08月 ]

2006年08月31日20:23
Smart-Link-Program導入の目的】
‥たり前のことを当たり前に頑張らずにやる
◆帆和づ手抜き”を積極的に推進する。
3匿佑期待役割を明確にする。
饉分がするべき役割:What(何を)するか=職務。仕事そのものに焦点を当てる。鮗分でなければならない役割:who(誰が)するか=人材。人に焦点をあてる。鷦分に期待されている役割:・鬚鯆未靴銅りから期待されている役割は何か。

成果目標は、(目指す領域が)明確で測定可能で、背伸びすれば達成できそうで、現実的で期限が限定されるものです。そして、あらかじめ決めた測定評価項目(やるべきこと)を達成していく(小さな成功)だけで、目指す成果領域を得ることが出来るというものです。経営レベル-事業レベル-部門レベルとリンクが張られており、誰の目から見ても成果が明らかになっています。そのために、全員参加型のシステムであるといえます。誰もが会社全体をみることができ、そしてどの部分に貢献している(役に立っている)のかが明確になり、全体的なアウトプットを享受できる仕組みになっています。

混沌とした時代だからこそ、「基本に忠実に、キチンとPlan-Do-Cheakを確実にまわす」
そんなことが必要なのだと思います。

続きを読む
2006年08月30日14:35
どんな職業の人だって、その職務に死ぬ覚悟がなければ本物になれんでしょう。その覚悟が出来た時、いま自分に与えられているいくつもの縁とその忝(かたじけな)さに気づき、初めて真に縁を生かすことができるのです。
野尻武敏(神戸大学名誉教授・生活共同組合コープこうべ理事長)
月刊『致知』2005年12月号
〜特集テーマ「縁を生かす」より〜
生前、国民教育の師父・森信三先生は、大学の教壇に立っている頃、次のような言葉を学生の皆さんに送ったといいます。

「時処位的自己限定」

自分の生きている時代と場所、そして置かれている立場を真剣に考えれば、どう生きるべきかという使命が見えてくる――。一学生として講義を聴講した野尻武敏先生は、その言葉に深い感銘を受け、61年経ったいまも忘れ得ぬ教えだといいます。ともすると人は、自分の置かれた環境を嘆き、”もっといい環境””もっといいご縁”を求め、心を彷徨わせてしまいます。しかし、ひとたび自分に与えられた”今”を本気になって生きてみた時、初めてすでに自分は数々の素晴らしきご縁に恵まれ、それらによって生かされてきたことに気づくのでしょう。森信三先生は「人は一生のうち出逢うべき人には必ず逢える。しかも一瞬早過ぎず、一瞬遅すぎない時に――」ともおっしゃっています。いつも私たちの周りに当たり前のようにいてくれる人、本、そして仕事……。そのすべては、いまの私たちに必要だからこそ与えられているのです。 めぐりあわせの不思議に心から感謝して、人生を歩んでいきたいものです。
2006年08月29日16:54
『(研究)開発型企業のマーケティングをサポートする』

事業リスクには、開発リスク、人材リスク、ファイナンシャルリスク、マーケティングリスクの4つがあると言われます。
当社の事業サービスは「(研究)開発型企業のマーケティングリスクの低減」を目指した取り組みです。

【事業企画の背景】
 日本経済の新たな成長曲線を描くため‘創造的なイノベーション’の必要性が叫ばれています。その担い手は、活力ある研究開発型企業などです。新産業創造のために、大学などの多くのシーズを持つ機関が独自に起業する大学発ベンチャーや、産学連携による新事業開発の取り組み、民間企業独自での研究開発などが盛んに行われています。
しかしながら、それらの企業は、技術力・開発力は有しているもの、事業構想力・営業力が乏しいために、事業構築に至っていないケースが少なからず見受けられます。
そこで、当社は当該企業のマーケティング・営業部門を肩代わりし技術絡みの事業構築(Business Development)サポート・技術は優れているが何らかの事情で事業化が進まない案件を対象とした営業サポートをビジネス化しております。技術系企業・研究開発型企業にとって『最後のリスク領域への挑戦』であると捉えています。

私達の使命(ミッション)は、『成功物語(サクセス・ストーリー)の演出家』になることです。おかげさまで、事業開始以来、大手企業を中心に数多くの演出をさせて頂いております。許されるなら、あなたのお手伝いもできれば幸せです。

2006年08月27日22:28
4b55663b.jpg大阪市立大学大学院アントレプレナーシップ研究分野(通称:アントレ)の1期生有志で四国・徳島の上勝町(人口:2084人)へ行って来ました。

町全体が、空気・水と同じように魅力的でした。

/佑竜い鯤僂┐襪海箸如◆箸笋覽ぁ匹起こる。
∋訶世鯤僂┐襪海箸如⇒佞辰僂[商品]になり、ゴミが[資源]になる。
あきらめないことで、花開く。
ぬ鬚卜っていることを実感することで、やりがいが生まれる。
ザチ菴瓦魃藹个垢襪海箸如工夫や改善が生まれる。

・・・色々なことを学びました。

通常であれば、社会保障のみに頼らざる得ない方々が本当に活き活きと仕事をされ数百万〜数千万も稼がれています。おばあちゃんの「交際費がかかるけんねー」「(手がきれいといわれ)そんなに褒められるんじゃったら、マニキュア塗ってたらよかった。」
と笑っている姿が目に焼きついています。
続きを読む
2006年08月25日23:55
8b467360.jpg<新事業構築のための新市場開発ミッション>を実施している会社様でアプローチ段階で高い確率でアウトプットを出されている方(ハイ・パフォーマー)にどのようなアプローチをされているのかをお聞きしました。
本当に良く出来ています。
【面談のチェックポイント】
/瓦GetPoint
□オフィス空間を褒める。
□仕事以外の共通話題を話す。
(「何たる偶然!」で関係は一気に近くなる)
興味のGetPoint
□コンセプトをストレートに伝える。
□企画の背景をストレートに伝える。
□会社の信頼を得る。
(オーセンティックな姿が信頼に繋がる)
2歛蠅GetPoint
□市場環境(外部環境)を話す、聴く。
□取り巻く環境(内部環境・価値観)を聴く。

□問題解決(solution)ポイントを探る。
(提案書の中身になる)
続きを読む
2006年08月24日19:47
7c8ccbcf.jpg営業パーソンの状態ととるべき行動について考えました。
【図参照:クリックで拡大します。】
成長にはプロセスがあり、状態と行動がうまくフィットすれば劇的に変化します。

【状態レベルの4段階】
〔軌媼洩鞠宗^媼韻靴討い覆いら出来ない状態
意識無能 意識しているが出来ない状態
0媼瑛能 意識して出来る状態
ぬ軌媼瑛能 意識しなくても出来る状態
【行動レベルの4段階】
Do まずやってみる
Look どんな状況になるかよく観察する
Think 何故そうなったかよく考える
Grow 成長する

例えば、何も分からない状態の時に、あれやこれや考えても、意味がありません。まずやってみることが重要です。そして意識して出来るようになった時に初めて振り返ってよく考えることです。
小さな成功体験が『誰かの役に立っている実感』を得る事が出来、成長するのだと確信しました。
続きを読む
2006年08月18日14:26
b0c59b1f.jpgマーケティング活動や営業活動は、人みて法説くためにインターネット情報などを通じて事前準備をします。実際お会いすれば、名刺情報などを通して顧客を理解します。そして、いざヒアリング段階になると、何を聴いたらいいのかか分からなくなってしまうケースを見かけることがあります。そんな時、私は『あなたと同じ視点で問題解決を提供する』という当社の価値観を大切にしています。目の前の方と同じ視点に立ち理解しようと思えば、一度顧客に憑依してみることです。
「どんなことが出来て、どんな風に外部環境(マクロやミクロ)を捉えていて、何を選択しようとしているのか。」
「どこから来て、今どこにいて、これからどこへ行こうとしているのか」
そんな素朴な疑問に答えることができるまで、傾聴することに尽きます。そうすれば、提案の根拠(根っこ)をしっかりとつかむことが出来、しかも、顧客の意思決定の根拠(根っこ)までつかんでいるので、クロージングしなくても川の流れのごとく顧客の戦略策定プロセスの中に自社の商品が位置づいていることでしょう。まさに、「敵を知り己を知らば、百戦危うからず。」です。
もっとも全ての根っこは好奇心だと思いますが。
2006年08月17日08:26
0174f0da.jpg先日、下記開発プロジェクトに中心的に関わった方からお話をお伺いすることができました。非常に示唆に富むお話で、参考になりました。
ありがとうございました。
私は、「新事業・新商品開発には、成功の要件つまり法則のようなものがある」と思っています。今現在考えている成功の要件を列挙しますが、是非“違う観点”をご指摘下さい。
【新事業・新商品開発の成功の要件
「世界でどこにもないものを出す」という気概をもっていた。
∋餠發あった。
産みの親(研究者)と育ての親(営業)のコンビネーションがよかった。
い舛腓辰箸靴神功も大切にした。
コ杏協力者を巻き込んだ。(結果的に参入障壁になる。)
α瓦討琉媚弖萃蠅隆霆爐鬟好圈璽匹肪屬い拭
Г笋蠅る「覚悟」があった。
続きを読む
2006年08月11日08:38
f08f25c0.jpg当社は、ブラウン管の検査装置メーカーとして長年事業を継続しておりました。外部環境の変化に対応して、食品・医薬品・化粧品業界向けにパッケージング・テクノロジーをもってニッチ製品を開発しました。短期間で要素技術を棚卸し、新市場を開拓した経験は当社(組織的にも個人的にも)を強く成長させました。MOTスクールの事例としても取り上げて頂いています。
※MOT(技術経営)とは、Technology Based Business(技術を事業の核とする企業・組織が次世代の事業)を断続的に創出し、持続的発展を行うための創造的・戦略的なイノベーションの効果を高めるためのマネジメント手法です。

そして現在、別事業として、上記の実践的叡智を武器に、技術系企業に対して【マーケティング企画力・実践的営業力】を提供している問題解決型企業です。
具体的には、大企業を中心に[市場調査]・[新事業開発戦略策定]・[営業戦略立案・新市場開拓]などを行っております。
今後も、組織全体を見渡しながら『新事業・新商品開発』・『技術の市場化』のお手伝いをしていきたいと考えています。
2006年08月09日10:02
4c358eb5.jpg最近社内外の方々とお話する中で目標達成における考え方が2通りあることが分かりました。傍目に見て喜々としているのはBパターンの方々です。Aパターンの世界にいる方々は真面目にやっているのですが、大変でしんどそうな印象があります。《図参照》

ロゴスの論理【西洋】【左脳】:砂漠の思考:正解は唯一。
Aパターン “厳しい道のりに耐える→実績・結果を残す→自信に繋がる”
レンマの論理【東洋】【右脳】:森林の思考:正解は複数。
Bパターン “セルフイメージの大きさ→自信の大きさ→結果の大きさ”

あなたはどちらスタイルですか?

参考文献:
森林の思考・砂漠の思考
心を鍛える言葉
成功の9ステップ

2006年08月08日22:11
c652f449.jpg営業パーソンと話していると、真面目に「目標達成したい。」「業績を上げたい。」「組織に貢献したい」という人は多いです。しかし、何故か【動かない、動けないケース】が散見されます。
本当に何故なのでしょうか

『期待理論』は明確に答えをくれます。

‘阿ないのは、《うまくいく確率が少ないと思っている》からです。
【対策】
可能性に対する主観的確率を上げる。
・攻略シナリオづくり
・企画書作成
・ツールの作成
・トーク(応酬話法)の整備
・ロールプレイング
・同行セールスなど。
続きを読む
2006年08月05日21:33
20c20f35.jpg組織開発の世界的権威
W・ウォーナー・バーク先生。
[組織開発]教科書〜その理念と実践の第1刷発行1987年9月9日です。来年で発行20周年となります。この機会に全て読み直しましたが、今尚新しい印象を持ちました。流行に左右されない“ものの見方・考え方”です。
下記、先生独自の“リーダーシップ論”。〔BCon組織開発講座より〕
効果的リーダーシップとは
自己に気づくこと。自己認識力とパフォーマンスとの相関関係はある。
より良い製品とサービスを提供する、より良い組織を作り出すことの
 できる夢やビジョンを持つこと。
より良くしたいという欲求とエネルギーを持つこと。
誠実−オープンさと正直さ:正しいことをすること。
複雑性に対応すること。
  …拘的視点に立った概念化と要約をすること。
 ◆〔圭發垢訛人佑別魍笋塙堝阿鬚箸襪海函
  パラドックスと緊張をマネジメントすること。
続きを読む
2006年08月01日20:20
ゴルフから学ぶこと
マイクロソフトが提供している“経革広場”に面白いやりとりがありました。ご参考まで。

Q:管理職の管理能力に問題があるような気がします。特に部下育成を苦手としているようなのですが、何か良い方法はないでしょうか?
A:管理の仕方がわからないから出来ない、というケースが考えられます。またはやってみたが効果が現れなかったので、あまりやっていない、というケースもあるかと思います。南カリフォルニア大学の行動科学者ウィリアム・モブリー氏は面白い研究をして、【管理職のマネジメント能力向上の指針】としました。ご紹介しましょう。きっかけはゴルフでした。何故、あきもせずゴルフをするのか?ということです。周囲のゴルファーに聞くと「健康のため」「つきあい」「家にいても飽きる」「人と競い合うスリル」「気分が爽快になる」等の答えが返ってきました。が、果たしてそれだけなのだろうか?とモブリー氏は考えたわけです。ゴルフというゲームに備わっている特に効果的な動機付けの要因を分析し、それを仕事の動機付けに応用することを考えたわけです。仕事を頭におきながら、教授があげる5つの要因を見てみましょう。

目標の明確さ
目に見えるピン(具体的、象徴的目標)がある。簡単には達成できないが、達成不可能ではない。自分のスコアと他の人のスコアがどれくらい差がついているのかが明確である。プレイヤー同士での競い合いも熱中の要因。
ゲームの完結性
ティーからグリーンまで完全に責任を持たされる。最終ホールまで自分の腕次第。ゲームの終了と結果が明確である。
続きを読む